NEWS

トルコ、報道機関131社に閉鎖命令 政権批判を自粛する空気漂う

2016年07月28日 23時04分 JST | 更新 2016年07月28日 23時04分 JST
OZAN KOSE via Getty Images
Cumhuriyet Daily newspaper Editor-in-chief Can Dundar (R), takes part in a news meeting at the Pro Kurdish Ozgur Gundem newspaper in Istanbul on June 21, 2016, a day after RSF representative Erol Onderoglu, journalist Ahmet Nesin and rights activist and academic Sebnem Korur Fincanci were charged for taking part in a campaign of solidarity with a pro-Kurdish newspaper in May.. Turkey stepped up its crackdown on the media on June 20, detaining and charging the local representative of international rights group Reporters Without Borders (RSF) and two intellectuals for 'terrorist propaganda'. RSF representative Erol Onderoglu, journalist Ahmet Nesin and rights activist and academic Sebnem Korur Fincanci were charged for taking part in a campaign of solidarity with a pro-Kurdish newspaper in May. / AFP / OZAN KOSE (Photo credit should read OZAN KOSE/AFP/Getty Images)

トルコ、報道機関131社に閉鎖命令 影潜める政権批判

クーデター未遂事件後、非常事態が宣言されたトルコで、報道機関への締め付けが強まっている。エルドアン大統領が事実上の指導者を務める与党・公正発展党(AKP)政権は27日、新聞やテレビなど計131社に政令で閉鎖を命じた。メディア側には自粛ムードが漂い、政権批判は影を潜めている。

 政令は非常事態宣言に基づき、法律と同等の効力を持つ。閉鎖を命じた報道機関について、政権は事件の「首謀者」と主張する米国亡命中のイスラム教指導者ギュレン師や、その信奉者らの団体と「関係がある」としている。

 多くは地方の小規模な報道機関だが、リベラル系日刊紙タラフや、今年3月に政府管理下に置かれた日刊紙ザマンなど、全国的に有名な報道機関も数社含まれる。内訳は新聞45社、通信3社、テレビ16局、ラジオ23局、出版29社、雑誌15社。

(朝日新聞デジタル 2016年7月29日00時48分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

関連記事

トルコでクーデターの動き