Huffpost Japan

ポケモンGO批判のやくみつる氏を小林よしのり氏が擁護「親父くさいことを言うので見直した」

投稿日: 更新:
YOSHINORI
インタビューに答える漫画家の小林よしのり氏=22日、東京都世田谷区  撮影日:2014年04月22日 | 時事通信社
印刷

大人気のスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」について否定的な意見を述べた漫画家のやくみつるさんに対し、漫画家の小林よしのりさんが7月27日、自身のブログで「流行に迎合せずに親父くさいことを言うので見直した」と擁護した。

やくさんは25日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」にコメンテーターとして出演し、ポケモンGOについて「こんなことに打ち興じている人を、心の底から侮蔑します」「親はもっと楽しいものを子供に提供する義務があります。親も一緒になって打ち興じたら、アホな子にしか育たないですよ」などと否定的な意見を述べ、、ネット上で賛否を呼んだ。

これを受けて小林さんは27日に自身のブログで、やくさんの発言を擁護した上で、「ポケモンは好感を持っていたが、ポケモンGOは危険だと思う」と表明した。その理由として、「子供が歩きスマホで視野狭窄になって、事故に遭う心配をしてしまうし、例えば目に障害があって白い杖で歩いている人に、ぶつかってケガさせたりしないだろうかと心配になる」との見解を示した。

一方で、「だからと言って排除する気はない」とも述べ、「半年以上、子供が事故に遭わず、飽きもしないで、社会に迷惑をかけないで流行が続いていたら、わしもやってみるかもしれない」と書いている。

ブログの最後は、「ポケモンGOなんかで、真剣に議論する気などない。ウザいということくらいは言っておくというレベルの話だ」との言葉で結んでいる。

やくさんの発言をめぐっては、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71)やタレントの水道橋博士さん(53)が批判意見を述べている。

関連記事ポケモンGOに興じる人を「心の底から侮蔑します」 やくみつるさんが持論

高須克弥院長、ポケモンGOに否定的なやくみつるさんを「気の毒に思います」

水道橋博士、ポケモンGOに否定的なやくみつるさんを批判 「心の底から侮蔑」

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
変なポケモンキャラ20選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡