NEWS

「メーヴェ」ふわりと大空を舞う 初の公開飛行(動画)

2016年07月31日 23時45分 JST | 更新 2016年08月01日 00時14分 JST

宮崎駿監督の映画「風の谷のナウシカ」に登場する飛行装置「メーヴェ」をモデルにした小型飛行機(写真)が7月31日、初の公開飛行に成功した。北海道新聞が動画を公開した

公開飛行は、北海道滝川市の「たきかわスカイパーク」で実施。パイロットを務めたのは、発案者のメディアアーティストの八谷和彦(はちや・かずひこ)さん。白い機体がふわりと舞い上がり、構想から13年ごしの夢がかなった。午前7時40分ごろに離陸。地上約70メートルまで高度を上げると、空中で「8の字」を描くように右へ左へ旋回した。

重さはわずか100kg。尾翼はなく、ジェットエンジンの左右に木製の骨組みで羽を広げた構造だ。「風の谷のナウシカ」では主人公のナウシカが腹ばいになって操縦する。

朝日新聞デジタルによると、八谷さんは「鳥になったみたいで非常に気持ちよかった。人類の長年の願いがかなえられたと思う」と感慨深げに語ったという。

【関連記事】


「ナウシカのメーヴェ」を本当に飛ばしたアーティスト、八谷和彦さんの個展

関連記事

八谷和彦個展「OpenSky 3.0」