Huffpost Japan

いらない物に困ってる? それを「必要な人に届ける箱」があります

投稿日: 更新:
印刷

小さな食料貯蔵棚(パントリー)が、大きな変化を起こそうとしている。

アメリカ・アーカンソー州のフェーエットビルにある「リトル・フリー・パントリー」は、食べ物や生活必需品を、必要な人に届けている。

パントリーの中には、誰もが好きな時に物を入れたり出したりできる。しかも全て無料だ。


THE LITTLE FREE PANTRY

プロジェクトを始めたジェシカ・ミクラードさん(41歳)は、「リトル・フリー・ライブラリー」を見て、このアイデアを思いついたそうだ。リトル・フリー・ライブラリーとは、郵便受けのような箱に本を入れて、誰もが好きな時に持ち出せるサービスだ。

ジョギング中にしょっちゅうリトル・フリー・ライブラリーで立ち止まり、本を見るのを楽しみに見ていたミクラードさんは、「このアイデアを、他の社会問題にも使えないかと考え始めた」と、ハフポストUS版の取材で答えた。

「本は心を豊かにします。食べ物は体を豊かにします」

そして、食べ物や生活必需品を、必要な人に届けるリトル・フリー・パントリーが生まれた。


THE LITTLE FREE PANTRY


THE LITTLE FREE PANTRY

ミクラードさんは、金融サービスNPO「スリベント・ファイナンシャル」から、地域サービスに使うための250ドルの助成金を受けていたので、このプロジェクトに使うことにした。

5月10日に、フェーエットビルにある教会の前にリトル・フリー・パントリーが設置されると、常温保存できる食べ物や、せっけんやシャンプーといった日用品が、何度も入れられ、持っていかれた。

「ピーナツバターやジャム、女性用の衛生用品やおむつ、それにパンや野菜の苗がすぐになくなった」とミクラードさんは話してくれた。


THE LITTLE FREE PANTRY


THE LITTLE FREE PANTRY

パントリーの近くには学校もあったので、クレヨンやノートなど、子供が必要とする物も入れたという。「夏休みの前日には、パントリーの上に風船をくくりつけ、中にシャボン玉や、縄跳び、キャンディを入れました」とミクラードさんは述べた。

ミクラードさんが始めたリトル・フリー・パントリーは、フェーエットビルやその他の地域にも、徐々に広がっている。下の写真は、オクラホマ州アードモアにつくられた「ブレッシング・ボックス(祝福の箱)」だ。

ミクラードさんはリトル・フリー・パントリーのFacebookページも作っていて、現在1万人以上がいいね!している。

「ぜひ、多くの人にパントリーを作って欲しいと思っています。与えるより受けるものが多いことに、きっと驚くと思います」と彼女は話す。

パントリーの作り方は、リトル・フリー・パントリーのウェブサイト(英語)に詳しく書かれている。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
箱に入ってしまう猫たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら