Huffpost Japan

「ビルを飛び越える高跳び選手」リオに現わる 驚きのアート作品

投稿日: 更新:
印刷

オリンピックを観るためにリオデジャネイロを訪れたら、上空に目を向けるのも忘れないでほしい。

フランス出身のアーティスト「JR」が完成させた、巨大なアート作品が2つ出現したのだ。



1つ目は、リオの中心部に作られた「ビルを飛び越える高跳び選手」だ。モデルになったのは、スーダンのモハメド・ユーネス・イドリス選手。ビルの上に組まれた足場をキャンバスにしている。

有名なコルコバードの巨大キリスト像にも負けない迫力だ。

「彼は、2016年リオ・オリンピックには出場できませんでしたが、リオにはいます(笑)」とJRはコメントしている。

2つ目は、海沿いにあるバーラ地区に作られた、とアートサイト「Design Boom」が伝えている。モデルは特定されていないが、「海に飛び込むアスリート」のようだ。

これまた、今にも海に飛び込んでいきそうな躍動感。ちなみにJRは、2016年5月に、ルーブル美術館にあるピラミッドを消し去るトリックアートを制作して話題になった。

今回の巨大アートも、金メダルをあげてもいいくらいの作品だ。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
目の錯覚を利用したアート
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら