Huffpost Japan

幸せだけど、汗でベタベタ... 愛する人と寄り添って寝るのはこんなに大変なんだよ(イラスト)

投稿日: 更新:
印刷

恋人や配偶者、大好きな相手と寄り添って寝ていると、とても幸せな気持ちになれる。

だけど、愛だけでは乗り切れない時もある。寄り添って寝るというのは、実は大変なことでもあるのだ。

アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンを拠点に活動するアーティスト、ジェイコブ・アンドリューさんが、「他人と寝ることの喜びと苦しみ」をイラストでわかりやすく描いた

アンドリューさんによれば、誰かと寝るのには「6つのステージ」がある。

ステージ1:幸せな時間

パートナーと寄り添っているのが、何より幸せな時間。こんな安心した気持ちになれるなんて…。

しかし、10分後にはステージ2に移行する。ここからが大変だ。

ステージ2:汗まみれの時間

突然、耐えられないほどの暑さが、襲ってくる。接した肌がベタベタし、心地よい時間は過ぎ去る。

離れると、汗はひくが…

ステージ3:寄り添うか離れるか。それが問題だ。

ちょうどいい距離を測って寝るのは、とても難しい。

(左)「戻ってきて〜」(右)「やっぱり離れて欲しい…」

その後も、次々に問題が襲ってくる…。

ステージ4:パートナーの変な格好に悩まされる

そして…。

ステージ5:予期せぬ行動で目が覚める

「やつらに内蔵を食べられる!」
「…」
「zzz」

ステージ6:一人で寝るようになる

始めはとても快適。だけどしばらくすると、

「1人で寝るのって寂しい…」

アンドリューさんは「イラストは、付き合った相手の変わった睡眠習慣と、彼自身の睡眠習慣からアイデアを得た」とハフポストUS版に述べた。

「変な格好で寝ていたのは彼女です。だけど、夜中に突然叫ぶのは僕です」

現在、付き合って6カ月になるパートナーがいるというアンドリューさんは、誰かと寄り添って寝ることの良い面と悪い面を、こう話した。

「誰かが隣にいるというだけで、とても心地よい気持ちになれます。朝目覚めたときに、誰かが隣にいるというのは、とてもいいものです。反対に、一番嫌なのはスペースの制約です。僕は、手足を広げてベッドに斜めに寝るのが好きなんです。誰か一緒だとできません」

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
寝る前に食べるとよく眠れる食べ物
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら