Huffpost Japan

安倍晋三首相「重く受け止める」、天皇陛下の生前退位意向を受けコメント(全文)

投稿日: 更新:
ABE
昼食会で安倍晋三首相(左)ら閣僚と歓談される天皇陛下=16日、東京・皇居・宮殿「連翠」[代表撮影]  撮影日:2015年12月16日 | 時事通信社
印刷

天皇陛下が8月8日、高齢などを理由に「次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と、生前退位への考えを強く示唆するお気持ちをビデオメッセージで表明した

このお気持ち表明に対して、安倍晋三首相は「重く受け止めています」とするコメントを記者団に対して読み上げた。

安倍首相のコメント

本日、天皇陛下より御言葉がありました。
私としては、天皇陛下が国民に向けて御発言されたということを、重く受け止めております。
天皇陛下の御公務のあり方などについては、天皇陛下の御年齢や御公務の負担の現状にかんがみるとき、天皇陛下の御心労に思いを致し、どのようなことができるのか、しっかりと考えていかなければいけないと思っています。

首相官邸さんの投稿 2016年8月7日


本日天皇陛下よりお言葉がありました。私としては天皇陛下ご自身が国民に向けてご発言されたことを重く受け止めています。天皇陛下のご公務のあり方などについては、天皇陛下のご年齢やご公務の負担の現状に鑑みるとき、天皇陛下のご心労に思いをいたし、どのようなことができるのか、しっかり考えて決めなければいけないと思っています。

【関連記事】

japan2天皇陛下、お気持ち表明 生前退位を示唆 「国民の理解を切に願っています」【動画・全文】


天皇陛下「お気持ち」表明は8日午後3時 生前退位めぐりビデオ形式で


天皇陛下「生前退位」意向、海外メディアはどう見たか?

▼画像集が開きます▼

Close
若き日の天皇皇后両陛下
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡