Huffpost Japan

萩野公介が銀メダル「まぁ、宿題は残しておきます」 競泳男子200m個人メドレー【リオオリンピック】

投稿日: 更新:
印刷

リオデジャネイロ・オリンピック第7日の8月11日(現地時間)、競泳男子200m個人メドレー決勝で、萩野公介(東洋大)が銀メダルを獲得した

hagino1
決勝で力泳する萩野

hagino2
決勝で力泳する萩野

hagino3
2位でゴールした萩野

haxxgino rio 200
銀メダルを手にした萩野

萩野の決勝タイムは1分56秒61。優勝のマイケル・フェルプス(アメリカ)は1分54秒66でゴールし、この種目でオリンピック4連覇を果たした

産経新聞によると、競技終了後は萩野はインタビューに応じ、以下のように語った。

銀メダルを取れたということは本当にたくさんの支えがあってここまで来れたんで素直に喜びたいと思うんですけど、タイムもそうですし、もちろん、もっとマイケル・フェルプス(アメリカ)選手達と良い勝負をするためにトレーニングを積んできたので、全然勝負にならなかったので悔しい部分はあるんですけど、まぁ、宿題は残しておきます

【五輪競泳】萩野公介「まぁ、宿題は残しておきます」 男子200m個人メドレー「銀」 - 産経ニュースより 2016/08/12 11:43)

萩野公介は1994年生まれ。小学生のときから「怪童」と呼ばれ、高校生のときに日本新記録をマーク。高校3年時にはロンドン五輪の競泳男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得するなど、若くして日本の競泳界のエースとして活躍してきた。男子の200と400mの自由形、個人メドレーの日本記録保持者でもある。

今大会、萩野は男子400m個人メドレーで金メダル、男子団体200mフリーリレーで銅メダルを獲得している

【リオ五輪・関連記事】


萩野公介、競泳のエースがライバル瀬戸大也と挑む「人生をかけた舞台」


萩野公介が日本初の金メダル、瀬戸大也は銅メダル 400m個人メドレー【リオオリンピック】

▼画像集が開きます▼

Close
リオ五輪・日本人メダリスト
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡