Huffpost Japan

橋下徹氏「稲田さんは靖国参拝から逃げた」 防衛相に苦言

投稿日: 更新:
TORU HASHIMOTO
大阪市長として最後の記者会見をする橋下徹氏=18日、大阪市北区(2015年12月18日) | 時事通信社
印刷

前大阪市長の橋下徹氏が終戦の日の8月15日、自身のTwitterで、自衛隊部隊視察を理由に靖国神社の参拝を見送った稲田朋美防衛相について「こんな人が防衛大臣で日本を守れるのか?」などと批判した。

稲田氏はこれまで靖国神社を繰り返し参拝してきたが、13~16日の日程で、海賊対処活動のため自衛隊を派遣しているアフリカ北東部ジブチを訪問。15日の参拝は見送った。稲田氏は行政改革担当相在任中の2013、14年とも、自民党有志議員による「伝統と創造の会」会長として終戦記念日に靖国神社を参拝。自民党政調会長だった15年も8月15日に参拝した

稲田氏は8月上旬の内閣改造で入閣したが、稲田氏の参拝について中韓メディアに警戒する声も出ていた。また、アメリカ政府も東アジア地域の安定確保の観点から慎重な対応を求めていた。時事ドットコムは「『急ごしらえの海外出張』の感は否めず、官邸の意向が働いたとの見方もある」と報じた

参拝をしなかった稲田氏に対し、橋下氏はTwitterで次のような投稿をした。

橋下氏は、稲田氏が防衛相に就任した際には「これまで散々威勢のイイことを言ってきたんだからその姿勢を貫いてよ!」とも投稿していた。


▼画像集が開きます▼

Close
稲田朋美衆院議員 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡