Huffpost Japan

リオで最も危険なファベーラで、若者に希望を灯す"格闘家スクール"(画像)

投稿日: 更新:
印刷

martial

ブラジルにある最も危険と言われるファベーラ(スラム街)のひとつ、マレ地区で育つ子供は、深刻な暴力と貧困に直面する。このスラム地域は拡大しており、13万人ほどの人々が居住しているが、頻繁に軍や警察による厳しい犯罪追放作戦の対象になっており、麻薬取引に伴う紛争で死者も多くいる。

リオで2014年に開催されたサッカーワールドカップに立ち、政府は3000人近い部隊をマレに送り込んだ。これはファベーラ「鎮圧」計画の一部だったが、犯罪と暴力は絶つことができなかった。ファベーラでの生活には数多くの問題があるが、それでもブラジル人格闘家ジョゼ・アルドは、マレの若者に希望と目的をもたらすプロジェクトを考えた。

アルドは2015年、自身の名前をつけた格闘技スクールをマレに開校した。ジョゼ・アルド格闘技スクールはこれまでに534人の門下生を指導した。彼らの年齢層は6歳から22歳の子供、若者たちだ。門下生は柔道や柔術、ボクシングを通じて、毎日の生活で直面する困難に立ち向かっている。

政治的混乱と暴力、経済格差の拡大がリオ五輪に暗い影を落としている中で、このスクールは、スポーツにはコミュニティ形成にもたらす力があることを証明している。

柔術師範のマルセロ・ネグレオはハフポストブラジル版に、「格闘技スクールでは子どもたちに、ストリートで危険な犯罪に手を染めるよりも、より魅力的な選択肢があることを教えている」と語っている。「ここでは銃ではなく道着を身に着けているのです」

ファベーラには行政のサービスが十分行き届かず、子どもたちには適した施設がない。ジョゼ・アルド格闘技スクールは子供たちのために、しっかりとした健全なコミュニティを構築しようと努力しているとネグレオは語る。




「支援、教育、医療が不足しています。緊急医療施設は1カ所しかありません。 子どもたちには何もないのです。余暇に楽しめる活動はこのスクールだけなのです」と、ネグレオは言う。

マレで生まれ育った22歳の女性キャロリナ・デ・ソウザ・ネベスは、ジョゼ・アルド格闘技スクールに入ったことで、彼女自身のことをより知るようになり、衝動をコントロールしやすくなったと言う。

「柔術を通じて、安らぎを得ることができました。たくさんのことを教えてくれた家族のようなものなのです。以前は、私の人生には少し問題がありました。誰かが口を開くと、私はまず初めに本能的に暴力をふるいたくなったのです。それが父であれ、母であれ、友人であれ、私は気にしていませんでした。今、私は3秒まで数えて、深呼吸して、その場を去ります」と、ネベスはブラジル版ハフポストに話した。

ジョゼ・アルド格闘技スクールでのトレーニングは、22歳のフェリペ・ロドリゲス・シルバの人生にも、ポジティブな効果をもたらしてきた。

日中、シルバは事務アシスタントとして、富裕層が住むボタフォゴ地区にあるコカコーラで働いている。シルバによると、麻薬密輸取引を逃れることができたのは「ポジティブ・シンキング」の力によるものだ。

「大学に行って、良い仕事を見つけて、喜びを与えてくれるものは何かを考えることができます。オリンピック選手になることだってできるのです」と、シルバは話す。「トレーニングをし、早く起きて勉強しないといけません。難しいですが、どうにかこなせます」

シルバは、アルドが見本になっているという。そして、彼にならって総合格闘技とムエタイを始めることを決心したと言う。「彼が私たちを信じ、子どもたちに人生を捧げてくれていることに感謝したい」と、シルバは話す。




ネグレオは、いずれマレのコミュニティからブラジルスポーツ界のヒーローが生まれると信じている。「非常に上達している子もいます。将来的に大活躍する子が出てくると感じます」と、彼は誇らしそうに語った。

ネグレオは、22歳のロマリオ・ダ・シルバ・コスタがその候補だと考えている。彼は北東部のマラニョン州出身で、建設業で働いている。コスタは2014年にワールドカップがブラジルで開催された時に使われたマラカナンスタジアムの再建工事をやった。彼は週6日、1日12時間働いている。それでもトレーニングの時間を作っている。

コスタはスポーツが怒りを発散するチャンスを作ってくれていると言う。「いくつか選択肢はあるけれど、スポーツがベストです」

ネグレオは、ジョゼ・アルド格闘技学校で生徒が身につける規律によって、生徒たちは問題に巻き込まれなくなると信じている。「私は若い格闘家たちの部隊を作っているのです」と、彼は話す。「これまでに私はある男を間違った道から連れ戻しました。彼は今、教会に行っています」

「間違った道を進んでも、どこにもたどり着きません」と、ネグレオは言う。「彼らに必要なのは規律、尊敬と、ヒエラルキーなのです。頭の中を忙しくしていないといけません。活動が必要です。勉強しないといけません。そして、格闘技を通じて、彼らは規律を見つけるのです」


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL


MAURO PIMENTEL/HUFFPOST BRAZIL

この記事はハフポスト・ブラジル版からUS版に翻訳されたものを、日本語訳しました。

訂正箇所を連絡