Huffpost Japan

がんであってもモデルはできる。17歳の少女は証明する(画像集)

投稿日: 更新:
印刷


GERARDO GARMENDIA

何千リツイートもされた彼女の表情を見て欲しい。


GERARDO GARMENDIA

アンドレア・シエラ・サラザール、このがんを患う17歳の少女の投稿はあっという間に広がった。その投稿は10万回以上リツイートされ、20万以上のお気に入りを記録した。このツイートで、テキサス出身の少女は豪華なドレスを揺らしながら、強烈な自尊心を見せている。写真のキャプションは「がんは、私がプリンセスになるのを止められない」。

アルバイトでモデルとして働いていたサラザールは2月、首に腫れ物を発見したとBuzzfeed Newsは報じている。そのすぐ後に、彼女はステージ2のリンパ腫と診断された。彼女は化学療法の結果、髪を失った。彼女は沢山の素晴らしいウィッグをつけたモデルになろうとしたが、彼女は「自尊心が傷つけられている」と感じたという。


「私はウィッグなしで人前に出られるなんて、想像もしていなかった」と、サラザールはInstagramに書いた。「私自身が自信を失っていました」


そしてサラザールは、写真家ジェラルド・ガルメンディアに連絡をとった。ガルメンディアは、この若いモデルと、「ウィッグのないプリンセス」というテーマで撮影することを決めたという。

私は学びました。誰かの頭の上にある髪がその人が誰であるかを決めるわけではなく、その人自身と行動が、他人をどう扱うかを決めるのです。

「アンドレアはモデルの仕事が大好きで、人生でどんなことが起きようと、美が彼女の人生の中にあると伝わる写真を撮りたかった」と、ガルメンディアはサイトに書いた。


GERARDO GARMENDIA

撮影は、サラザールが再び自尊心を思い出すには十分だった。彼女はBuzzfeed Newsに、(この写真が)「自分同じ状況にいる他の少女たちの励みになること願っています」と語った。


GERARDO GARMENDIA

「この旅は私に、愛することと、どんな見かけでも自分自身を受け入れることを教えてくれました」と、サラザールはInstagramに書いた。「私は学びました。誰かの頭の上にある髪がその人が誰かを決めるわけではなく、その人自身と行動が、他人をどう扱うかを決めるのです。すべての女の子は皆プリンセス。いま私は、自身の内面と外面を美しいと感じています」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

▼画像集が開きます▼

Close
乳がんを克服したミュージシャンたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡