Huffpost Japan

「子供が朝早く登校することに意味はない」どうしてシアトルの学校は始業時間を遅らせたの?

投稿日: 更新:
EVGENYATAMANENKO
tired student girl with glasses sleeping on the books in the library | EVGENYATAMANENKO
印刷

アメリカ・ワシントン州シアトルの教育委員会は2015年11月、高校生たちにもっと睡眠時間をとってもらうために、高校の始業時間を遅くすることを決めた

そして彼らは今、この決定を中学校にも広げようとしている。シアトルの全ての高校とほとんどの中学校で、始業時間を今より遅い午前8時45分にしようとしているのだ(小学校の始業時間は、それよりも早い午前7時45分。わずかだが、午前9時35分始業の小学校もある)。

2014年に行われた調査によれば、アメリカの高校生の90%以上が慢性的な睡眠不足に陥っている。慢性的な睡眠不足は、身体面・感情面の健康を害する可能性があり、アメリカ疾病対策センター(CDC)は、疲れを感じている10代の子供たちは、太りやすい、不安を感じやすい、成績が悪いといった傾向にあると報告している。

アメリカ小児科学会も、中学校と高校の始業時間を午前8時半以降にするよう勧めているが、CDCによれば、そうしているのは5校に1校より少ない。


アメリカ各州の公立中学校・高校の平均始業時間。左上のカラーバーで、それぞれ左から始業時間が午前7:50、8:00、8:10、8:20、8:30、8:40、データなし

シアトルの高校教師シンディ・ジャタールさんは、他の先生や、保健問題の専門家、地域のリーダーたちと一緒に、2012年から始業時間を遅らせる活動をしてきた。きっかけは、生徒や彼女の娘の睡眠不足に気付いたことだ。

彼らの活動を受けて、シアトル市は特別チームを作り、学校のスケジュールを変えるのが実際に可能かどうかを調べてきた。その結果、始業時間を変更することに、教育委員会が同意した。

始業時間変更に賛成する専門家の一人、シアトルこども病院で青少年の睡眠障害プログラムに携わるメイダ・チェン氏は、こう述べている。

「まだ眠いティーンエイジャーを、朝早くから起こすことには意味がありません。これまでに、慢性的に睡眠不足の子供たちをたくさん見てきましたが、彼らは、健康や行動、感情を制御する面で問題を抱えています。始業時間を遅くすることは、子供たちの健康、安全、学習にいい結果をもたらすでしょう」

一方で、始業時間の変更に反対する人たちもいる。高校生は下校時間が遅くなるが、いくつかの学校では遅くなっても校庭をライトアップしない。そのため、放課後スポーツ活動のコーチたちの中には、反対する人がいる、とジャタールさんは述べる。

ジャタールさんは「シアトルには5万2000人の生徒がいます。全ての人が決定に賛成しているわけではありません」と述べ、解決しなければいけない問題があることを認めている。しかし、始業時間の変更で、生徒たちは「より人間らしいスケジュール」になるだろうと考えている。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
睡眠不足かもしれない6つのサイン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら