Huffpost Japan

十勝花子さん死去、長女が公表 「なんたって18歳!」出演

投稿日: 更新:
印刷
日本クラウン
日本クラウン

ドラマ「なんたって18歳!」などに出演した女優でタレントの十勝花子(とかち・はなこ、本名・加藤恵子)さんが8月21日、大腸がんのため東京都文京区の病院で死去した。長女が24日にFacebookで公表した。70歳だった。

【訃報のお知らせ】

母 十勝花子が、8月21日16時6分に急逝いたしました。

皆様に生前のご厚誼を賜ったことを深謝し、謹んでお知らせ申しあげます。

先月末、ステージ4の大腸ガンが発覚し、手術は出来ない程転移しており、治療しなければ余命6ヵ月と言うことでした。

しかしながら本人は、ガンと戦い復活すると心に決め、抗ガン剤の投与を始めたところでした。

療養先の長崎には、本日発つ予定にしておりましたが、体調が急変し、わずか3週間で逝ってしまいました。

無念としか言いようがありません。

通夜は行わず、葬儀及び告別式は、本日、都内斎場にて家族のみの密葬で執り行いました。

生前より、菊の花ではなく、バラの花でとの希望もありましたので、ソフトバンクホークスのチャンピオンTシャツを身に着け、花に囲まれ、美しい姿で送り出させていただきました。

皆様の記憶の中には、「いつも元気な十勝花子」のままでいさせててください。

なお、甚だ勝手ではございますが、御供え物等は故人の遺志により謹んでご辞退申しあげます。

また、なるべく多くの方にお知らせさせていただきたいので、シェア頂けましたら幸いです。

長女 服部令子

十勝さんは北海道出身。作詞家の星野哲郎氏に認められ、1966年に歌手デビュー。71~72年放送のTBS系ドラマ「なんたって18歳!」では、岡崎友紀演じる主人公をいじめる先輩を演じて人気を集めた。その後も「寺内貫太郎一家」「熱中時代」「大地の子」などのドラマで個性的な役を演じた。ほかにもエッセー執筆などマルチに活動した

東京六大学野球の法政大学、東都大学野球の国学院大学、プロ野球のソフトバンクホークスのファンとしても知られた。晩年は、中国に小学校を建設するなど日中の交流活動にも熱心に取り組んだ

99年に起きたいわゆる「ミッチー・サッチー騒動」で浅香光代側につき、野村沙知代さんの学歴詐称疑惑を批判した


▼画像集が開きます▼

Close
2016年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。