Huffpost Japan

松本人志、高畑淳子に「もうちょっと息子に怒らないと」 裕太容疑者の事件に苦言

投稿日: 更新:
HITOSHI MATSUMOTO
TORONTO, ON - SEPTEMBER 12: Director Hitoshi Matsumoto attends the premiere of 'R100' at Ryerson Theatre on September 12, 2013 in Toronto, Canada. (Photo by Jemal Countess/Getty Images) | Jemal Countess via Getty Images
印刷

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志が、8月28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演、強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者の話題に言及し、母で女優の高畑淳子の謝罪会見について「もうちょっと息子に怒らないといといけないと思います」などと語った。

裕太容疑者とは共演したことがある松本は最初、事件について「びっくりしました」と驚きの表情をみせた。そして「若いでしょ。急に売れ出して、で、そういう時って、すごく人として大事な時で。急にちやほやされて、自分の気持ちと体がシンクロしてない状態やと思うんですよ」と感想を述べた。さらに「変な話、女性は結構、寄ってくるぞと、『今、俺が誘ったら、そこまで嫌がるやつはおらんやろって』いう、極論ですよ、そう思う時期って、20代前半ぐらいはあると思うんですよね。それがだんだん、そういうことではないぞって気づくには時間がかかるんですね」と続けた。

さらに高畑淳子が26日に開いた会見について、次のように述べた。

お母さんの会見見て、僕は少し厳しめに言わせてもらいますけど、もうちょっと息子に怒らないといといけないと思います。なんか、息子とこれから一緒に乗り越えていこうねっていうコメントは…。いやいや、しっかりとした怒りを出さんと、そういう感じで育てたのか、この先もそうなのかと思ってしまいますね。

さらに松本は「被害者の女性のお父さんの立場で考える年齢に差し掛かっていて。『歯ブラシ持ってきて』って言って、最初からそれを考えていてやっていたのかと、こいつやっぱり『痛いな』と思いますね」と裕太容疑者に対する怒りをにじませた。そして「ワイドナショーが始まってから、いろんな芸能ニュースがいっぱいありましたけど、これは、なかななか、いちばんくらいにきついニュースですよね。芸能ニュースとしては」と話した。


▼画像集が開きます▼

Close
2016年、話題の人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。
関連記事高畑淳子さんが謝罪会見「舞台に立つことが私の贖罪」 長男の高畑裕太容疑者逮捕で

高畑淳子さんが謝罪 でも「母親叩き」に道義はあるのか?