Huffpost Japan

さんま、SMAP解散の実情「ゴーサイン出たら言う」 「俺は木村派や」とも

投稿日: 更新:
SANMA AKASHIYA
明石家さんま(2008年06月26日) | 時事通信社
印刷

明石家さんまが8月27日放送のフジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」に出演して自身がメンバーと親しい関係にあるSMAPの解散について言及、実情について「ゴーサインが出たら言う」と語った。

番組冒頭、雨上がり決死隊の宮迫博之から「SMAP、何で解散したんですか」「ハワイでキムタクと何かしゃべりました?」と水を向けられると、さんまは苦笑しながら「知らん」「しゃべってないよ! ハワイなんか行ってないでしょ、俺は」と答えた。7月に放送されたフジテレビ系「FNS27時間テレビフェスティバル!」のコーナーで中居正広と共演したさんまだが、「(その時は)師匠、(解散を)知ってはったんですか?」と聞かれ、「俺は何にも知らないよ」と話した。

また、「中居派か、キムタク(木村拓哉)派か、どっちなんですか?」との質問には、「派閥でいくと…もうはっきり言うわ、俺、木村派や。両者とも見ているし、中居も知っている。俺、木村派やと。そして毎週、あの2人はこれ(この番組)見ているから」と笑った。

さらに宮迫が、SMAPの解散について「その話は、言えることはない?」とたたみかけると、「言えることは…いつになったら言えるかわかんけど、ゴーサインが出たら言う。今日はまだ、ジャニー(喜多川・事務所社長)さんにもメリー(喜多川・副社長)さんにも承諾得てないから」と返答。これを受けて他の後輩芸人らから「知ってるってことや」との声が上がると、さんまは「お前らの想像通りやって、ほんまに」と話し、「記事通りってことですか?」と聞かれると、「ほぼ間違いないと思うよ」と答えた。

さんまは「27時間」に出演した際、中居に「オレは5人が大好きなの、ホンマに。二十何年たっているよね。おまえはオレを木村派みたいな目で見ているんやろ。オレは木村派でもなんでもない。SMAP派」と主張していた


▼画像集が開きます▼

Close
2016年、話題の人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。関連記事【SMAP解散】年下3人の強い解散意志 スマスマ・紅白はどうなる?

木村拓哉、ラジオでお詫び「ただただ申し訳ない。本当に、ごめん...」 【SMAP解散】