Huffpost Japan

ゆで卵を作るのは難しい。代わりに今日から○○卵を作ろう。

投稿日: 更新:
BOILED EGG
Hard-boiled brown eggs | Adam Gault via Getty Images
印刷

世の中には、簡単に見えて難しいことがある。

その代表がゆで卵だ。完璧なゆで卵を作るのは、思ったより至難の業だ。茹ですぎると、卵黄の周りが黒緑になってなんだか美味しくなさそうだし、茹で時間が足りないと、皮がむけなくてイライラする…。

本当に美味しく卵を食べたければ、「茹でる」という考えを捨てた方がいい。じゃあどうするの? 茹でる代わりに「蒸す」のだ。

蒸し卵にはこんな魅力がある。

1. 卵が穏やかに加熱されるので、より柔らかく仕上がる。
2. 卵が鍋の中でぶつかりあわないので、ひび割れにくい。
3. 卵を入れる時、鍋の温度が急激に下がらないので、むきやすくなる(卵は高い温度で調理した方がむきやすくなるとわかっている
4. 鍋一杯のお湯を沸かす必要がないので、調理時間が短くてすむ

それでは蒸し卵の作り方を簡単にご説明しよう。

蒸し器に、2.5センチ程度の水を入れ、蓋をして温める。蒸気が出始めたら、トングを使って優しく卵を蒸し器に入れる(蒸気でやけどしないように気をつけて)。柔らかめがお好みなら6分、固い卵が好きなら11〜12分蒸し(卵の数によって、時間は多少変わります)、冷たい水の中に入れる。

これで、柔らかくてむきやすい蒸し卵の完成だ。早速今日から、ゆで卵から蒸し卵に乗り換えよう。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
卵を使ったレシピ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら