NEWS

関東大震災から93年 銀座、浅草、上野...東京の街は廃墟と化した(画像100枚)

2016年09月01日 14時36分 JST | 更新 2016年09月01日 16時46分 JST

shinsai

関東大震災後の東京・日本橋

未曾有の大災害となった関東大震災から9月1日で93年を迎えた。

1923(大正12)年9月1日午前11時58分、相模湾を震源とするマグニチュード7.9の巨大地震が発生。死者・行方不明者は約10万5000人、建物の全半壊・焼失は約37万棟の大惨事となった。当時、日本海側にあった台風の影響で強風が吹き、東京や横浜で市街地は大火災に見舞われた。

1960年には内閣が閣議了解で、毎年9月1日を「防災の日」に制定。全国各地で地震や津波に備えた防災訓練が実施されるようになった。

関東大震災は、海外の研究者も研究対象としている。香港大学のチャールズ・シェンキング教授は、関東大震災の情報をまとめたウェブサイト「Great Kanto Earthquake.com 」で、震災当時の写真やハガキを公開し、その惨状を今に伝えている。

▼「関東大震災」当時の写真・ハガキスライドショー▼

関東大震災(1923年9月1日)


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら

明治の「東京」。江戸の名残を残す名所がカラーでよみがえる【画像】
明治初期の港町・横浜がカラーでよみがえる【画像】