Huffpost Japan

キスマークで死亡? 17歳少年を突然襲った悲劇

投稿日: 更新:
KISS NECK
Smiling couple hugging on sofa | Jose Luis Pelaez Inc/MNPhotoStudios via Getty Images
印刷

メキシコの首都メキシコシティーで、17歳の少年がガールフレンドにつけられたキスマークが原因で死亡したと報じられている。

17歳の少年フリオ・マシアス・ゴンザレスさんにとって、まさに「死の接吻」となった。

インデペンデント紙によると、医師は24歳のガールフレンドがつけたキスマークが原因で脳梗塞になったと考えている。

地元メディア「Hoyestado.com」によると、女性がキスした時、少年の肌を吸引したことで血栓ができ、これがフリオさんの脳に回り、脳梗塞を引き起こしたという。

フリオさんのガールフレンドは名前が公表されていないが、年齢差のある2人が交際していたことが明るみになり動揺しているという。

キスマークはたいていアザとなって、時として周囲の噂を招くことになるが、より深刻な肉体的の損傷を引き起こすケースも報告されている。

ニュージーランド・メディカル・ジャーナル」によると、2010年に44歳の女性が「いつのまにか腕が動かなくなった」と病院に駆け込んだケースがある。当初、医師たちはなぜ女性が脳梗塞になったのか理解できなかった。

KUTV.comによると、最終的に医師たちは彼女の首にアザを発見した。主幹動脈の上から吸引されて血栓をつくり、これが軽微な脳梗塞を引き起こしたことを突き止めた。その女性の命に別条はなかったという。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
猫たちのキス画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド