Huffpost Japan

形の悪い野菜やフルーツ、実は栄養豊富なスーパーフードかもしれない

投稿日: 更新:
UGLY CARROT
Trendy ugly organic carrot from home garden bed on barn wood table, Australian grown. Color-toning effect applied. | Andrey Moisseyev via Getty Images
印刷

人間も野菜も果物も、見た目で判断してはいけないのかもしれない。

見た目が悪い野菜や果物は、いつでも影の存在だ。安い値段で売られのはまだいい方で、廃棄されてしまうものも少なくない。

しかし私たちは、見た目が悪いというだけで、実は素晴らしい野菜や果物を捨てていたのかもしれない。

果樹園を営むエライザ・グリーンマンさんが「見た目が悪い野菜や果物の方が、味の面でも栄養の面でも優れている可能性がある」と考えている。グリーンマンさんが、果樹園の傷や汚れのあるりんごを調べたところ、傷のあるりんごの方は無いりんごに比べ、2〜5%糖分が多く含まれていた、とアメリカの公共放送NPRが伝えた。

傷やへこみがある野菜や果物は、ぶつかったり傷付いたりと、何らかのつらい経験をしている。そうしてストレスを感じると、野菜や果物はたくさんの栄養・抗酸化物質が含むスーパーフルーツ、スーパーベジタブルになるのではないか、とグリーンマンさんは説明する。

2010年に行われたある研究では、傷や汚れのあるりんごに栄養、抗酸化物質がたくさん含まれていることが確認された。また別の研究では、傷のあるりんごには最大で20%多くのフェノール類が含まれていることがわかった。フェノール類が多いと、より高い抗がん作用が期待できると考えられる。

これはリンゴだけに言えることではない。

菌類に感染したぶどうの葉やイタドリには、より多くの抗酸化物質が含まれていることがわかっている。

見た目の悪い野菜や果物が、実はスーパーフードなのかもしれない。見た目だけでは中身はわからない。変な野菜や果物にもっと積極的に手をのばせば、食品ロスも減らせるだろう。

「形の悪い野菜や果物の方が優れている」ニューヨークマガジンの動画(英語)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
野菜で作る、アートな料理
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら