Huffpost Japan

「ブルキニ禁止ならスーツもでしょ」ロンドンの男性が正論かます

投稿日: 更新:
印刷

burkini

フランスのブルキニ(イスラム教徒の女性用に全身を覆い隠す水着)禁止令をめぐる議論が世界的に広まるなか、あるロンドン市民が、なぜ男性のスーツを禁止しないのか疑問を投げかけた。

ニースのビーチで武装した警官が一人の女性を囲んで上着を脱ぐようせまる写真が世界に衝撃を与え、ブルキニ禁止令が無効となった。この一連のニュースを受けて、ロンドン在住のヘンリー・スチュアートさんという男性がガーディアン紙に投稿した。

スチュアートさんは、なぜ女性がブルカ、ブルキニ、ヒジャブをつけると脅威とみなされるのに、男性がスーツを着ても脅威にならないのか、疑問を抱いた。

ブルカ、ブルキニ、ヒジャブをつけた女性が私に危害を加えたことは一度もありません。しかし私はスーツを着た男に説明もなく解雇されました。スーツを着た男は私に年金や基金に投資させ、何千ポンドも損をしました。スーツを着た男は私たちを不当で悲惨な戦争に導きました。スーツを着た男は銀行を操り、世界経済を破壊しました。ほかにもスーツを着た男たちは緊縮財政で何百万人もの人々に苦痛を与えました。人々が何を着たらいいか議論を始めるなら、スーツを禁止するべきでしょう。

ニュースサイト「babe」は8月31日、Facebookにこの文章の写真を投稿した。