Huffpost Japan

オバマ大統領、国歌斉唱を拒否したコリン・キャパニックを擁護「彼の真摯さを疑っていない」

投稿日: 更新:
印刷

photo

アメリカのバラク・オバマ大統領は9月5日、G20サミットの記者会見で、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のスターで、国歌斉唱に起立しないで抗議を続けるサンフランシスコ49ersのコリン・キャパニックを擁護した。

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(49ers)のクォーターバック、キャパニックは1日に、サンディエゴで行われたプレシーズンゲームの国歌斉唱で起立することを拒否しひざまずいた。キャパニックは、「黒人や有色人種を抑圧するような国の国旗に敬意は払えないので起立はしない」とその理由を語っている。

キャパニックの抗議は称賛と非難の両方を引き起こしている。オバマ大統領は、これは表現の自由の問題だとして、次のように語った。「彼は、憲法で保障されている表現する権利を行使している。スポーツ選手がそうした行動に出るのには、長い歴史があると思う」

「私は彼の真摯さを疑っていない」と、オバマ大統領は付け加えた。「彼は話し合われるべき問題を重要視している。他のことはともかく、彼の行動によって、話し合われなければならない話題について、さらに多くの対話の機会を作った」

大統領は、「行動する国民」の必要性を示しながら、「サイドラインにただ座って何にも気にしない人でなく、若者には、議論し、どのようにして民主的なプロセスに参加できるのかをじっくり考えてほしい」と述べた。

キャパニックを激しく非難する人たちに対しては、「キャパニック選手は徐々に彼自身の考えを深めていると思う。そうすれば彼を非難する人たちも考えるようになる。キャパニック選手は正義と平等に、的確に懸念を示しているんだと気づくはずだ。これが、私たちが前に進める道だ。時には困難を伴う。しかしそれが民主主義の流儀だ」と、オバマ大領領は述べた。

他のアスリートたちも、アメリカ合衆国の人種問題論争に加わった。レブロン・ジェームズや、カーメロ・アンソニー、クリス・ポール、ドウェイン・ウェイドらNBAのスター選手たちは、7月13日のESPY賞(スポーツ専門局ESPN主催のスポーツ選手表彰式)の授賞式でアメリカの人種的不平等に抗議する運動「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」に言及している

ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーは次のように述べた。「システムは崩壊している。問題は新しいものではない。暴力は新しいものではない。人種間の分断も、決して新しいものではない。しかし、今すぐ変化しなければいけない動きは最高潮に達している」

2014年、NBAとNFLの選手たちは、ニューヨークの警察によって首を締められて死亡した黒人男性エリック・ガーナーさんの最期の言葉が書かれたシャツを着て練習した。その言葉は「息ができない!」というものだった。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
スーパーボウル2015のチアリーダー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)