NEWS

転倒した杖の聖火ランナーは、観客のエールの中再び立ち上がった【リオパラリンピック】

2016年09月08日 00時09分 JST | 更新 2016年09月08日 00時21分 JST
Ueslei Marcelino / Reuters
2016 Rio Paralympics - Opening ceremony - Maracana - Rio de Janeiro, Brazil - 07/09/2016. Brazilian Paralympic runner Marcia Malsar falls while carrying the torch as rain falls during the opening ceremony. REUTERS/Ueslei Marcelino FOR EDITORIAL USE ONLY. NOT FOR SALE FOR MARKETING OR ADVERTISING CAMPAIGNS.

9月7日に開幕したリオデジャネイロ・パラリンピックの開会式で行われた聖火リレーで、杖をつきながら競技場内を走ったマルシア・マルサルさんは、雨が降る競技場内で思わぬアクシデントに見舞われた。

マルシアさんは、1984年のニューヨーク・アイレスベリーパラリンピック陸上200メートルの金メダリスト。ほかに、クロスカントリー競技などでも銀2つ、銅1つを獲得した、ブラジルを代表するパラリンピックアスリートだ。

前のランナーから聖火を受け取ったマルシアさんは、右手に杖を持ち、ゆっくりとした歩みで一歩一歩、競技場内を進んでいった。しかし、次のランナーに到達する前、バランスを崩して、転倒。尻餅をついた。

marcia malsar

思わず息を呑んだ会場の観衆だったが、次の瞬間、座っていた観客たちが一人また一人と立ち上がり、マルサルさんに声援を送り始めたのだ。

マルサルさんはスタッフの支えですぐに立ち上がり、あくまでも冷静さを欠くことなく、また一歩ずつ歩み始めた。

marcia malsar

そして、無事に聖火を次のランナーに手渡すことができた。

marcia malsar

NBCなどは「パラリンピック精神を象徴する場面」とツイートでたたえた。

関連記事

リオパラリンピック開会式