NEWS

アメリカ女性キャスターがテレビ局CEO訴えたセクハラ訴訟、20億円で和解

2016年09月07日 20時34分 JST | 更新 2016年09月07日 20時34分 JST
ASSOCIATED PRESS

元キャスターにセクハラ、FOX側が20億円支払い和解

米国のFOXニュースの元キャスターの女性が、セクハラをされたとして同局の前会長兼CEOのロジャー・エイルズ氏(76)を訴えていた訴訟で、和解が6日、成立した。AP通信によると、FOX側が2千万ドル(約20億円)を支払ったという。

訴訟は、同局元キャスターのグレッチェン・カールソンさんが7月に起こした。直後から他のセクハラの訴えも出て、エイルズ氏は辞任した。エイルズ氏の弁護士はAP通信に「和解金は支払っていない」と語っており、FOX側が全額負担したとみられる。

エイルズ氏は21世紀フォックスのトップ、ルパート・マードック氏(85)の側近として知られ、FOXニュースが96年に放送を開始してから率いていた。米メディアによると、辞任してからは大統領選の共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)をアドバイスしているという。(ニューヨーク=中井大助)

(朝日新聞デジタル 2016年9月7日10時47分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

こんなニュースも

谷垣氏のけが「伝えるべきだった」 自民・棚橋氏が謝罪

唐沢寿明さん「セリフ覚えただけで来るのはどうか、と」

教え子に排泄物食べさせる 韓国「人糞教授」に懲役8年

W杯アジア最終予選、日本は3位 B組、豪州2連勝

関連記事

テレビに釘付けになる子供たちの顔がヤバいなんてもんじゃない