Huffpost Japan

THE YELLOW MONKEY再結集後の初シングル発表 「現時点での集大成」と吉井和哉

投稿日: 更新:
THEYELLOWMONKEY
THE YELLOW MONKEY | TYMS
印刷

15年ぶりに再集結したロックバンド・THE YELLOW MONKEYが、10月14日スタートのTBS系連続ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(毎週金曜 後10:00)の主題歌を書き下ろしたことが9日、わかった。再結集後の初シングルで、タイトルは「砂の塔」。イエモンにとって19年ぶりのドラマ主題歌となる。

1997年の同局ドラマ『職員室』の「BURN」以来となるドラマ主題歌について、ボーカルの吉井和哉は「新生イエローモンキーとしてドラマの中でどのような花を添えられるか、試行錯誤しながらも楽しんで挑むことができました」と自信を見せる。

同作は、女たちのプライドや虚栄心、嫉妬が交錯するきらびやかなタワーマンションを舞台に、平凡な主婦・高野亜紀(菅野美穂)が不気味な隣人・佐々木弓子(松嶋菜々子)から家族を守ろうとする姿を描くサスペンスであり人間ドラマ。吉井はドラマのストーリーが「そのまま人間の人生や、バンドの人生に当てはまると思い、その側面も添えながら歌詞を描かせていただきました」と作品に共感したことを明かし、「タイトルも『砂の塔』以外に考えられませんでした」とコメント。

また、「このドラマには親と子の愛の重要さが本質に隠れていますが、イエローモンキーも昔から家族の誰かしらとのつながりを歌にしてきました」とバンドのルーツとドラマの共通性も指摘。ストリングスアレンジには、メンバーが尊敬する作曲家でキーボーディストの船山基紀氏を迎え「バンドの歴史的にも素晴らしい結果を招きました」と手応えも十分で、吉井は「この曲は現時点での集大成だと感じています」と力強く宣言した。

主演の菅野も「ここまでドラマの世界観に寄り添った作品を作っていただけて、心よりの感謝を申し上げるとともに、映像と重なった時に、どのように仕上がるのかとても楽しみです」と期待を寄せている。

「砂の塔」の発売日は、ドラマ第2話放送の前々日の10月19日。なお、きょう10日午前5時から「Yahoo!」の検索でドラマの関連ワードを検索すると、独占公開のドラマ特別限定映像を視聴することができ、主題歌もいち早く聴くことができる。

【関連動画】

  • イエモン、ドキュメンタリー映画2017年公開決定
  • イエモン、11月から全国ホールツアー16公演
  • キンキ新曲をイエモン吉井が作詞作曲ジャケット写真は斎藤工撮影 | ORICON STYLE

  • ▼画像集が開きます▼

    Close
    デヴィッド・ボウイ、クールすぎる19枚
    /
    シェア
    ツイート
    AD
    この記事をシェア:
    閉じる
    現在のスライド

    訂正箇所を連絡