Huffpost Japan

あなたには、この12個の点が見えますか? 世界中が首をひねる【目の錯覚】

投稿日: 更新:
印刷

信じてほしい。この画像には黒い点が12個ある。
しかし、あなたの脳は、一度に12個全部を認識できない。

なんだか釈然としないこの画像は、ゲーム製作を手掛けるウィル・カースレイク氏が9月11日に紹介したものだ。画像に多くのユーザーが混乱。あるRedditユーザーは、この画像について次のような説明を投稿した

「人間の目の解像度は驚くほどに低いのです。だから脳が錯覚を起こして、低い解像度を補っています」

「黒い点がはっきりと見えるのは、視野の中心付近の、極端に狭い部分に限られています。だからあなたは、見ている部分の近くにあるときしか、認識できないのです」

「その時、目にしていない黒い点がそこに存在するはずがないと、脳は認識します。なぜなら、グレーの模様が濃いからです。

脳はその時に目にしている部分の模様を認識し(脳は模様の認識を得意とする)、目にしている部分の近く(脳が低い解像度を示す部分)も似たような模様だと認識して画像を推定します。ほとんどの線が交わる部分には黒い点がないため、知覚する推定された模様にも黒い点は存在しないのです」

同様の画像についての解説は、1999年に学術専門誌「パーセプション」にも掲載された

「きらめく格子上で白い円盤が縮小され、周りを黒で囲まれると、白い円盤は消失する傾向にある。白い円盤は一度に少数しか認識できず、それもページ上で不規則に動くかたまりとして現れる。白い円盤が認識されない部分では、グレーの線が連続しているように見え、実際には存在していないグレーの交差部分が浮かび上がる。白い円盤の見えないグレーの交差部分では、黒い点がきらめいているように認識されることもある。この錯覚は、色のコントラストが逆であっても作用する」

optical illusion
「パーセプション」に掲載された論文より(一部)

不思議な現象が解明されて、何よりだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

ハフィントンポストの人気記事

Close
目の錯覚 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡