Huffpost Japan

NHK受信料「ネット配信でもいただく必要がある」 経営委員長が言及

投稿日: 更新:
NHK
IMAGE DISTRIBUTED FOR NHK WORLD - NHK WORLD TV mascot Domo takes hold of the Nation's Capitol at the start of the The National Cherry Blossom Festival Parade on Saturday, April 16, 2016 in Washington, D.C. NHK WORLD TV is a news and lifestyle channel produced fully in English and broadcast from Japan. (Kevin Wolf/AP Images for NHK WORLD) | AP Images for NHK WORLD
印刷

「NHK、ネット配信でも受信料」 経営委員長が発言

NHKの石原進経営委員長は13日、将来的にテレビ放送をインターネットで同時に見られるようにする方針を示し、「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」と述べた。実現すれば、放送を受信できない世帯からも受信料を徴収することになる。

経営委員会後の会見で述べた。同時送信を始める時期は明らかにしなかった。NHKは、現段階で番組のネット同時送信に試験的に取り組んでいる。災害時などに報道番組を同時送信しているほか、2015年からはスポーツなど一般の番組の一部を同時送信して、技術面の課題や視聴者の反応を調べている。

放送法では、受信契約を結ぶ義務があるのは「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」となっている。ネット送信は放送ではなく通信にあたるため、NHKがネットのみで番組を見る人から受信料を取るには法改正が必要になる。総務省幹部は「ネット同時送信は世界の流れ。負担の公平性を考えれば、ネット利用者にも一定の負担を求めるべきだ」と将来的な法改正に肯定的だ。(上栗崇)

関連ニュース (朝日新聞デジタル 2016年9月13日22時55分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

▼画像集が開きます▼

Close
NHK朝ドラ(連続テレビ小説)のヒロインたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡