Huffpost Japan

「裸のトランプ像」をお見せするのは申し訳ない。本当に、本当に申し訳ない(画像)

投稿日: 更新:
印刷

【警告】この記事には「裸のドナルド・トランプ像」の写真がある。自己責任で、読み続けてもらいたい。

photo

匿名のストリートアーティスト集団「インディクライン」が制作した「裸のトランプ像」が再び登場した。

9月14日の夜明け前、彼らのサイン「Cheez-Whiz-dipped」が付いた裸のトランプ像をさらに2体制作し、密かにフロリダ州マイアミと、ニュージャージー州ジャージーシティに運び込んだ。

そして申し訳ないが、これを報じなければいけない。

彼らが制作した最初の像が警察当局に撤去された後、ニュージャージー州のマナ・コンテンポラリー・ギャラリーがインディクラインに連絡した。このギャラリーは、11月8日の大統領選投票日まで裸のトランプ像を保管し、さらに2体設置するために、その集団と協力することを提案している。

ジャージーシティのトランプ像は今、ホランド・トンネル(マンハッタンとジャージーシティを結ぶトンネル)の外側に置かれている。マイアミのトランプ像は、州間高速道路95号線に面した工場の屋根の上面に置かれている。両方のトランプ像は、大統領選の後、オークションで販売されることになっている。

朝の通勤中に、トランプ像をまじまじと見てしまったマイアミとジャージーシティの全ての住民に対して、申し訳なく思う。本当に、本当に申し訳ないとしか言いようがない。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

ハフポストUS版編注:ドナルド・トランプ氏は世界に16億人いるイスラム教徒をアメリカから締め出すと繰り返し発言してきた嘘ばかりつき極度に外国人を嫌い人種差別主義者ミソジニスト(女性蔑視の人たち)、バーサー(オバマ大統領の出生地はアメリカではないと主張する人たち)として知られる人物である。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
裸のトランプ像
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)