Huffpost Japan

10代の女の子、赤ちゃんの頃の恥ずかしい写真をFacebookに公開した両親を訴える

投稿日: 更新:
印刷

オーストリアの10代の女の子が、自分の「恥ずかしい私的な」赤ちゃんの頃の写真をFacebookに投稿した両親を訴えている。

オーストリアに住む18歳の女性が両親を訴えた。ネット上で500枚以上の彼女の写真を友人たちに公開した両親のことを、彼女は「恥も限度も知らない」と主張している。

彼女の弁護士マイケル・ラミ氏は、地元紙「ザ・ローカル」に対して、2009年から両親が「彼女の人生を悲惨なものにしていた」と話した。ラミ弁護士によると、両親は彼女のオムツ交換やトイレトレーニングの写真を投稿したという。

photo

ラミ弁護士は原告の主張について次のように述べた。「両親は恥も限度も知りませんでした。私がトイレに座っている写真でも裸でベッドに寝ている写真でも気にしませんでした。私の人生のあらゆる場面が写真に撮られて公開されました」

彼女は何度も画像の削除をお願いしたが両親は拒否した。彼女はこう説明する。「両親が真剣に考えてくれないことに疲れました」

彼女の父親は、自分が撮影したのだから写真の著作権と配布する権利は自分にあると主張している。

【参考記事】
ピュリツァー賞の写真を「児童ポルノ」として削除 Facebookが検閲撤回へ

この裁判は11月に審問される予定だが、このような裁判はオーストリアで初めてだ。

ラミ弁護士は、この裁判は両親が彼女の私生活を侵害したことを証明できるかどうかにかかっていると話す。そして彼女が勝訴したら、両親は賠償金と裁判費用を支払う必要があるかもしれないと言う。

SNS上での行き過ぎた情報公開が招く事態に取り組んでいるのはオーストリアだけではない。2016年3月、同様の事態に対処するためフランスで新しい法律が施行された

本人の同意なしに他人の画像を公開した罪で有罪になった場合、1年間の懲役や4万5000ユーロ(約515万円)の罰金が科せられる可能性がある。

【訂正】 2016/09/16 21:50
当初の記事で、オーストラリアとしていましたが、オーストリアの誤りでした。

ハフポストUK版より翻訳・加筆しました。

Close
2015年にFacebookで話題になったトピック
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)