Huffpost Japan

なぜ155人全員を救えたのか? 航空機事故「ハドソン川の奇跡」 機長のリーダー像に迫る

投稿日: 更新:
CHESLEY SULLENBERGER
For the first time since crash-landing in the Hudson River, Capt. Chesley 'Sully' Sullenberger returns to the cockpit of US Airways jet flight 1549 at the Carolinas Aviation Museum on Friday, November 18, 2011, in Charlotte, North Carolina. Sullenberger was visiting as a guest of local schoolkids. (Todd Sumlin/Charlotte Observer/MCT via Getty Images) | Charlotte Observer via Getty Images
印刷

2009年1月15日、アメリカ・ニューヨーク市で起きた航空機事故を覚えているだろうか? マンハッタン上空850メートルでエンジントラブルを起こした「USエアウェイズ1549便」は、ハドソン川に不時着水。乗客乗員全155人が無事に生還したことから、「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、世界中のメディアがこのニュースを報じた。

現役パイロットが語る、5つの「奇跡」

1. 双発機で両方のエンジンが止まる事態は可能性としてかなり稀
2. 離陸直後のため高度が低く、難易度が高い
3. 川への着水の成功例は、ほぼない
4. 人口密集地での緊急着陸で死者なしは「信じられない」
5. あまりにもレアケースなので、パイロット研修でも教材として取り上げられるほど

このUSエアウェイズ1549便で、機長を務めていたのが、チェスリー・“サリー”・サレンバーガー氏(サリー機長)だ。42年の経歴によって導き出されたとっさの決断から、乗客乗員へ的確な指示を出し、着水後機体が沈むまでのたった24分間で全員を避難させた行動力…。

その奇跡と呼ばれた出来事を映画化した話題作が、9月24日に公開される。クリント・イーストウッド監督のもと、主演のトム・ハンクスがサリー機長を演じる『ハドソン川の奇跡』だ。

サリー機長とは一体どんな人物なのか? 類稀なるリーダーシップはどこからくるのか? 事故での彼の行動をひも解くと、真のプロフェッショナルとは何かが見えてきた。

1. 冷静かつ、的確な判断力


sullenberger

USエアウェイズ1549便は、機体が鳥の群れとぶつかる“バード・ストライク”により、両エンジンが同時に推力を失った。このような両エンジン同時のエンジントラブルはきわめて稀だという。機体の高度は下がっていくが、大都会マンハッタンに大きな空き地は存在しない。サリー機長はハドソン川への不時着水を決断する。

着水の直前、サリー機長は「こちら機長。身構えて、衝撃に備えて」と、コクピットから客室へ短い言葉で指示を出した。機体への衝撃と、機体が落下していく感覚の中、事態が飲み込めずにいた乗客たちだったが、その指示に従った。もしも事前にトラブルを伝えていたら、機内は大混乱を極めたに違いない。彼の指示ひとつをとっても、まさに的確な判断だった。

また不時着水後、なるべく早く救助してもらえることを意識して、船着き場の近くに着水させたことも、彼は計算していたのだ。

エンジントラブルが起きてから、状況を把握し、あらゆる選択肢を吟味し、決断し、着水させるまで、わずか208秒の出来事だった。それは、管制官との音声記録として残されている。鬼気迫る中での冷静な判断が、乗客乗員を救った。

2. 成功への揺るぎない自信

a320214

もしあなたが、チームを率いるリーダーだった場合、前例のないトラブルに見舞われたとき、成功する自信が持てるだろうか? ほとんどの答えは「No」だろう。

過去、水上での緊急胴体着水の成功率は限りなくゼロに近く、ほとんどの場合機体が大きく破損している。驚くべきは、これほどまで大規模で、前例のない事故であるにもかかわらず、サリー機長は「全員の命を救う自信があった」と話していること。

サリー機長は「常に、緊急事態に置かれた自分を想像していた」と語っている。日々イメージトレーニングを重ねていたというのだ。また、日頃から過去の航空機事故の事例を徹底的に分析、独自に研究していたとも話している。

パイロットとしての42年間の経験と、彼の勤勉さがもたらした、「成功への自信」こそが、全乗員乗客を救うことになった。リーダーの確固たる自信が、メンバーの安心感と、チームの成功率を高めることにつながったのだ。

3. プロとして、最後まで成し遂げる責任感

sullenberger

ハドソン川に不時着水したUSエアウェイズ1549便は、機体後部からすぐに浸水が始まった。川へ着水したことを知った乗客たちは、足元の浸水に気づいてパニックとなる。前方出口から脱出を開始すると、乗客たちが出口に押し寄せ、さらなるパニックとなった。

真冬のニューヨーク、外気温はマイナス6度と寒かった。サリー機長自らも、「上着を着て、立ち止まらずに前に進んでください」「荷物は持たずに」と客室で乗客に指示を出し、脱出のための指揮をとった。客室乗務員と副機長を脱出させたあと、ひとりも残っていないことを確認してから、サリー機長は、最後に脱出したのだった。

しかし、これで仕事が完了したわけではない。海上保安官や、フェリーに救助されたあとも、サリー機長の気がかりは生存者の数だった。病院へ搬送される際に「わたしの仕事はまだ終わっていない」とその場を離れることを拒んだという。

その後、サリー機長は155人全員の命が救われたことを知る。このとき、初めて彼に安堵が訪れたのだった。最後まで職務を全うする責任感こそ、彼のプロ意識の高さを物語っている。

4. ベテランと呼ばれてもなお、訓練や備えを怠らない

bird strike

サリー機長は手記「機長、究極の決断-『ハドソン川』の奇跡」(翻訳書・静山社文庫刊)の中で、彼のパイロットとしての歩みと、事故の一部始終を明かしている。本書には、サリー機長がかつて米軍に入隊し、パイロットとして訓練を重ねてきた過去も記されている。

たとえベテランと呼ばれる経歴を重ねていても、決して過去の訓練を忘れることはない。その後の訓練も怠らない。それは、パイロットとしての仕事を全うしているということだ。

全員を奇跡的に救ったサリー機長を、世界中がヒーローと賞賛したが、彼は常々こう言っていた。「わたしは、やるべきことをやったまでだ。訓練を怠らないこと、乗客を守ること、すべてはパイロットの義務である」と。

5. メンバーへの信頼と誇り

sullenberger

あなたの職場のリーダーは、あなたを信頼していると思いますか? そして、あなたが組織のリーダーの場合、メンバーひとり一人を、心から信頼しているだろうか?

サリー機長は、事故を振り返り、「副機長、客室乗務員ともに素晴らしいメンバー」と仲間たちを讃えた。コクピットからの指示を受けた客室乗務員3名は「身構えて!頭を下げて!姿勢を低くして!」と繰り返し声をあげていたという。その声はコクピットにいるサリー機長にも届き、「彼女たちが、プロとしての職務を全うしてくれているとわかった。その声が、わたしに落ち着きと元気を与えてくれた」と、手記の中で当時の心境を語っている。

乗務員全員のプロ意識とチームワークを感じながら、メンバーへの信頼が揺るぎないものになっていたのである。

サリー機長は、全員の救命に成功したことを、自らの功績だとは思っていない。「誰がなんと言おうと、あれはチームプレイだった」と述べている。大きな試練を乗り越えるとき、メンバーを信頼し、リーダーもまた「チームの一員である」という認識が、結束力を高めたと言えるだろう。

イーストウッド監督が描きたかった、リーダー像とは?

2001年9月11日、あの「アメリカ同時多発テロ」が起きた。未曾有のテロ事件に見舞われ、人々に不安が広がるニューヨークで、乗客乗員全155人が救われた「ハドソン川の奇跡」。これは、“飛行機事故=テロ”というイメージが暗く根付いてしまったニューヨークで、しばらくぶりの明るいニュースとなった。

乗客たちは脱出の際、命の危機にさらされパニックに陥るものの、誰もが協力し合ったと、のちに当時の状況が報道された。岸辺のフェリーターミナルから人々を助けようと駆けつけた船が14隻、救助にかかった時間は、わずか24分間。皆一丸となって救助にあたった。9.11の事件があったからこそ、「みんなで乗り越えていこう」という空気がニューヨーク全体にあったのだ。

そして、全体の指揮をとったサリー機長。個々の力をまとめて引っ張っていく彼の真のプロショナルと呼べる姿こそ、クリント・イーストウッド監督が描きたかった、時代が求めるリーダー像だったのかもしれない。

hudsonriver

********

そして、事故後の知られざる裏側に迫る“実話”を描いたのが映画『ハドソン川の奇跡』(9月24日公開)だ。奇跡の生還劇と賞賛され、一躍英雄となったサリー機長だが、実は“事故の責任”を問われ、容疑者として調査委員会からの厳しい追及を受けていた……。一体なぜ? クリント・イーストウッド監督が、今だからこそ問いかける奇跡の先の“真実”とは?

Close
USエアウェイズ1549便 不時着水事故
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド