Huffpost Japan

「1916年、13歳でした」世界最年長の男性、113歳であのときの夢を叶える

投稿日: 更新:
印刷


SHULA KOPERSHTOUK VIA GETTY IMAGES

1916年9月、13歳のイスラエル・クリスタルさんは、(ユダヤ教の成人式の儀式)バル・ミツワーの儀式を受け損ねてしまった。しかし9月15日、100年遅くなったが、彼はついに今まで1度も受ける機会がなかった儀式を受けた。

クリスタルさんは、15日に113歳の誕生日を迎え、存命中の世界最年長男性としてギネス世界記録に認定された。彼はこれから2週間、イスラエルのハイファで家族や友人とお祝いする予定だ。

クリスタルさんの娘はBBCに対し、「家族は、このパーティーが父にとって“過去をやり直す経験”になることを願っています」と語った。

「私たちはとても興奮していて、幸せです。父がバル・ミツワーを祝うことは、本当に光栄なことです。子どもも孫も曾孫も従兄弟たちも、全員集合する予定です」

1916年、クリスタルさんは儀式を受け損ねた。母親が亡くなり、父親がロシア軍に徴兵されたからだ。彼は第1次世界大戦、第2次世界大戦中は、アウシュビッツ強制収容所に収容され生き延びた。ホロコーストで最初の妻との間にもうけた2人の子どもを失い、その後イスラエルに移り住んだ。

彼は再婚し、子育てをしながら、引退するまで家族とともに菓子店の経営を続けた。

クリスタルさんは、「長寿の秘訣はわからないが、立ち直る力には自信がある」と語っている。

「すべては、天が決めたこと。理由など私たちにはわかりません」と彼は、ギネスに語った。「今はもう生きていませんが、私よりも賢く、体が丈夫で、ハンサムな男性はこれまでにもいました。私たちにできることといえば、出来る限り懸命に働き続け、失ったものを再構築することくらいです」

2016年初頭に、ホロコーストの生存者50人が、クリスタルさんと同じように、当時受けられなかったバル・ミツワーを祝った

イスラエルさん、本当におめでとう!

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

▼画像集が開きます▼

Close
長生きするために食べておきたい17の食材
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡