Huffpost Japan

ブッシュ父「クリントン氏に投票する」 共和党の元大統領が異例の告白

投稿日: 更新:
GEORGE H W BUSH
ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領 | USA Today Sports / Reuters
印刷

アメリカのジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)は、11月8日の大統領選で、共和党候補のドナルド・トランプ氏ではなく、民主党候補のヒラリー・クリントン氏に投票すると、ジョン・F・ケネディ元大統領の姪キャスリーン・ケネディ・タウンゼント氏がFacebookの投稿で明らかにした。共和党出身の元大統領が、民主党候補に投票することを表明するのは極めて異例だ。

政治ニュースサイト「ポリティコ」によると、1968年の大統領選に立候補しながら暗殺されたロバート・ケネディ元司法長官の娘で、メリーランド州副知事のキャスリーン氏はFacebookの投稿でブッシュ氏との2ショット写真とともに、「大統領が私に、ヒラリーに投票すると言いました!」と投稿した。

photo
キャスリーン・ケネディ・タウンゼント氏の投稿(ポリティコによるスクリーンショット)

ポリティコとの電話インタビューで、キャスリーン氏はブッシュ氏と19日にメーン州で面会したことを明かし、その場で、ブッシュ氏が民主党に投票することに決めたことを明かされたという。「それが彼の言っていたことです」と、キャスリーン氏は語った。

ガーディアン紙によると、ブッシュ家のスポークスマン、ジム・マグラス氏は「ブッシュ氏は大統領選で一個人として投票する。あと50日あまりでそれだけをします。暫くの間、ブッシュ氏は大統領選に関してコメントしません」と述べている。

ブッシュ氏は、息子のジョージ・W・ブッシュ前大統領に呼応し、トランプ氏が共和党から候補指名を獲得する以前の5月の段階で、彼を支持しない意向を示していた。その際、マグラス氏は「ブッシュ氏は91歳で、政界から引退している。彼は当然ながらジェブ・ブッシュ(フロリダ州知事)を支援していたが、これは『ルールを理解した上での例外的な政治活動』だった」と述べている。

▼画像集が開きます

Close
7 Things You Didn't Know About George H W Bush
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)