Huffpost Japan

豊洲市場「地下空間」は2011年3~6月に設計変更か 東京都が経緯調査

投稿日: 更新:
印刷

豊洲設計、3カ月で変更 11年3月地下なし→6月あり

東京都の築地市場(中央区)から移転する予定の豊洲市場(江東区)で、主な施設の下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、都が施設の基本設計を発注した2011年3月時点では地下利用案を示していなかったことが分かった。同6月には盛り土をせずに地下空間を設ける設計になっており、この3カ月間で方針が変更された可能性が強まった。都が経緯を調べている。

豊洲市場をめぐっては、環境基準を大きく上回る有害物質が検出されたため、都の「専門家会議」が08年7月に「敷地全体で土壌を入れ替えて盛り土をする」方法の汚染対策を提言。しかし、食品を扱う主な3棟を含む5棟の地下に盛り土がされず、高さ約4・5~5メートルの空間が設けられていた。

都幹部によると、11年3月に大手設計会社・日建設計に施設の基本設計を発注する際、設計のおおまかな方針を示す都の仕様書では盛り土の上に施設を建てる内容だった。しかし、6月に納品された設計は、盛り土をした場合の地表より3・8メートル下にまで構造物を設ける内容に変わっていた。設計作業は、都の担当部局と設計会社とで協議しながら詰めていったという。

09年7月~11年7月に担当部局の都中央卸売市場長だった岡田至氏らによると、11年3月の仕様書では、盛り土の上に施設を建てて、地表にある床下に空間を設ける「閉鎖高床式」と呼ばれる工法が記され、地下利用には触れられていなかった。運搬作業の効率化や衛生環境の向上などが目的で、高床式にしていたという。

仕様書について、岡田氏は20日、「私の判断ではなく現場の決裁で出されていた。発注後に仕様を変える指示書が改めて出されたかは知らない」と証言。盛り土がなかった実態に「今回初めて知った。私が抜かっていた」と話した。日建設計は20日、取材に対し、「守秘義務があり、答えられない」と回答した。

部局内では、提言が出た08年以降、市場開場後に汚染が検出される事態に備え、地下水検査などをする「モニタリング空間」を床下や地下に設ける必要性が検討されていた。都はそうした議論が仕様の変更に影響した可能性についても調べ、週内にも結果を公表する。

(朝日新聞デジタル 2016年9月21日05時03分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

▼画像集が開きます▼

Close
豊洲市場の地下空間
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡