NEWS

テッド・クルーズ氏、トランプ氏を支持 あんなに罵倒し合っていたのに、なぜ?

2016年09月26日 01時57分 JST
Chip Somodevilla via Getty Images
WASHINGTON, DC - SEPTEMBER 20: Sen. Ted Cruz (R-TX) speaks during a news conference about military assistance to Israel at the U.S. Capitol September 20, 2016 in Washington, DC. Sen. Lindsey Graham (R-SC) is threatening to stall approval of an agreement on military assistance between the U.S. and Israel by introducing legislation that would boost the aid above what the countries agreed on. (Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)

アメリカ大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏と候補指名争いをしたテッド・クルーズ上院議員が9月23日、ついに大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の支持を表明した。かつてはトランプ氏のことを「鼻たれの臆病者」と呼び、「家族を中傷する候補者は絶対に応援しない」と発言していたクルーズ氏が、なぜ支持に回ったのか?

クルーズ氏は自身のFacebookページに、「何カ月も慎重に考えをめぐらし、神に祈り、良心に従った結果、投票日には共和党の指名候補、ドナルド・トランプ氏に1票を投じることにした」と投稿した。

元々クルーズ氏とトランプ氏は、予備選で中傷合戦を激化させていた。きっかけは、クルーズ氏を支援していた政治資金団体「メーク・アメリカ・オーサム」が、トランプ氏の妻メラニア・トランプ氏が裸で横たわる選挙広告を作成したことだった。

こちらはメラニア・トランプ、次期ファーストレディ。それが嫌なら、今度の予備選でテッド・クルーズに投票できる

トランプ氏は激怒し、「嘘つきテッド」と罵倒した上、「お前の奥さんの秘密をバラすぞ」とツイートした。

うそつきテッド・クルーズは、G.Q.誌に載ったメラニアの写真を使って自分の選挙広告にした。気をつけろよ、嘘つきテッド。さもないと、お前の奥さんの秘密をバラすぞ。

また、トランプ氏の支援者が作った、クルーズ氏の妻ハイジ夫人の意地が悪そうな写真と、メラニア夫人の写真を並べ、「秘密をバラす必要はない。この写真は"百聞は一見に如かず"だ」とコメントが入った画像をリツイートしてさらに攻撃を加えた。

クルーズ氏は、自分たちが作成した広告ではないと否定し、トランプ氏を「臆病者」と非難した。

あの写真は私たちから出たものではない。ドナルド、ハイジを攻撃するなんて、思ったより臆病者だな

こうした中傷合戦は遺恨を生み、クルーズ氏が選挙戦から撤退しトランプ氏の指名が確実になっても確執は消えなかった。正式にトランプ氏を大統領候補に指名した共和党全国大会でクルーズ氏は7月20日に演説したが、トランプ氏支持を明言せず、「自分の良心にしたがって投票してください。共和党は、1人の特定の候補者、または一つのキャンペーンのために、闘っているのではありません」と聴衆に呼びかけ、ブーイングを浴びていた。

【参考記事】

テッド・クルーズ氏、共和党全国大会でトランプ氏支持を明言せず ブーイングの嵐となった理由は?

トランプ氏はその翌朝、「クルーズ氏の父が1963年のケネディ大統領暗殺に関与していた」と発言した。クルーズ氏の父ラファエル・クルーズとケネディ暗殺犯リー・ハーベイ・オズワルドを結び付ける確証は何もないが、トランプは「ナショナル・エンクワイラー誌の表紙に私の主張を裏付ける写真がある」と主張した。

クルーズ氏もまたその日、自分の父親と妻を侮辱したトランプ氏を非難した。「私は、自分の妻と父を攻撃する人を支持する人間ではない」と発言した。

実際は、そのような人だったようだ。

7月の共和党全国大会で夫の発言に反応するハイジ・クルーズ夫人(リック・パールスタイン撮影)

クルーズ氏は今回の支持表明に際して、トランプ氏による家族への中傷には触れなかった。代わりに、彼はかねてよりトランプ氏を支持する意思があったほか、民主党指名候補のヒラリー・クリントンを選ぶのは最悪の選択だと明言した。

クルーズは次のような理由を述べた。「私がトランプ支持を決めた理由は次の2つ。1つは昨年、共和党指名候補を支持すると約束したから。私は約束を守る男だ。もう1つは、共和党候補(トランプ氏)とは相いれない要素はあるものの、とにかくヒラリー・クリントンがまったく受け入れられないからだ。だから私はいつも#NeverHillary(ヒラリーはあり得ない)サイドにいる」

クルーズ氏が考えを改めたのは、政府予算法案のある条項で自身を支持してくれたとして、Twitter上でトランプ氏に感謝したときだったという。

インターネットの自由を維持する我々の努力をトランプ氏が支持してくれたことに対して感謝する

かつてクルーズの選挙運動に関わった匿名の人物は、「彼がトランプ支持を表明すれば、彼の政治的なブランドが壊れてしまうだろう」と、政治ニュースサイト「ポリティコ」に語った。

7月の時点ではクルーズ氏からの支持を拒絶するとしていたトランプ氏は23日、自身のホームページのコメントで支持を受け入れた

「クルーズ上院議員から支持してもらい、名誉に思う。私たちは共に選挙戦で争ったが、彼はタフで頭の切れるライバルだった」

---

ハフポストUS版編注:ドナルド・トランプ氏は世界に16億人いるイスラム教徒をアメリカから締め出すと繰り返し発言してきた嘘ばかりつき極度に外国人を嫌い人種差別主義者ミソジニスト(女性蔑視の人たち)、バーサ―(オバマ大統領の出生地はアメリカではないと主張する人たち)として知られる人物である。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

ドナルド・トランプ夫妻

(スライドショーが見られない方はこちらへ)

関連記事 ドナルド・トランプ氏の世界地図はこうなっている【画像】

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png