NEWS

電気自動車の国産スーパーカー「GLM G4」誕生 イメージは"路上を走るヨット"【画像集】

2016年09月29日 16時45分 JST | 更新 2016年09月29日 16時54分 JST

京都大学発のベンチャー企業が、電気自動車(EV)のスーパーカーを誕生させた。GLM株式会社(京都市左京区)が、コンセプト車両「GLM G4」を9月29日、パリモーターショーで発表。2019年の量産開始を目指している。EVスーパーカーの開発で知られるアメリカの「テスラモーターズ」の日本版になるか注目される。

glm00

「GLM G4」は、4ドアの4人乗りながら、路上を走るヨットをイメージした優美な姿となっている。専用開発の高出力モーターをボディ前後に2機搭載。最高出力540馬力。発進から時速100kmまでの到達時間は3.7秒、最高時速250km、航続距離400kmを実現したという。

GLMは、京都大学の学生だった小間裕康氏が、電気自動車の開発をするベンチャー企業として2010年4月に設立した。第1弾モデルとなった「トミーカイラZZ」の本格的な量産を2015年10月に開始している。

  • GLM提供
  • GLM提供
  • GLM提供
  • GLM提供
  • GLM提供

(※画像集が開かない場合は、こちらへ)

supercar
僕らの心を熱くした1970年代のスーパーカー画像集


super21c
未来は僕らの手に。2001年以降のスーパーカー画像集