Huffpost Japan

ニュージャージー州ホーボーケン駅で通勤列車が駅舎に突っ込む 少なくとも1人死亡、114人負傷

投稿日: 更新:
NEW JERSEY HOBOKEN
HOBOKEN, NJ - SEPTEMBER 29: Passengers rush to safety after a NJ Transit train crashed in to the platform at the Hoboken Terminal September 29, 2016 in Hoboken, New Jersey. New Jersey emergency's management system is reporting more than 100 people were injured in the crash. (Photo by Pancho Bernasconi/Getty Images) | Pancho Bernasconi via Getty Images
印刷
spinner

アメリカ東部・ニュージャージー州で9月29日朝(現地時間)、公共交通機関「ニュージャージー・トランジット」(NJT)の通勤列車がホーボーケン駅構内に突っ込んだ。ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事は会見で、ホームにいた女性1人が死亡し、114人が負傷したと発表した。

NJTの広報担当者によると、事故が起きたのは28日の午前8時45分ごろ、郊外路線のパスカック・バレー線だった。

ホーボーケン駅はニューヨーク中心部のマンハッタンから川を隔ててすぐ対岸にあり、ニューヨークへ向かう多くの通勤客で毎日ごった返している。通勤客は通常、ホーボーケン駅でニュージャージー州とマンハッタンを結ぶPATHトレインに乗り換える。ライトレールと地下鉄北線もホーボーケン駅に乗り入れている。

ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事は会見で「これほどの事故は今まで起きたことがなかった」と述べた。また、重傷を負った機関士も原因究明の調査に協力しているという。

事故列車に乗っていたジェイム・ウェザーヘッド・サウルさんはCBSに対し、列車は満員で、事故が起きた時は立ち上がろうとしていたと話した。ホーボーケン駅は列車の終点で、通常は乗客はみんな椅子から立ち上がるからだ。

ケイトリン・マッケイブさんは事故後に駅に着いたが「線路が水浸しになっていて、屋根が崩壊していた」とCBSに語った。別の目撃者はBBCに対し、「水が屋根からしたたり落ちていて、乗客が窓から脱出していた。頭から血を流して座り込んでいる人がいた。多くのけが人がいた」と述べている。

I hope 🙏🏽 there's no casualties to anyone and my fellow transit employees are ok. #hoboken #traincrash

Danny Ballesterさん(@dannydlux)が投稿した写真 -

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像集が開きます

Close
ホーボーケン駅で列車事故
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)