Huffpost Japan

100時間かけた名作も。繊細で美しい"切り絵アート"ができるまで(画像)

投稿日: 更新:
印刷

反戦的なお茶と花の切り絵(左)とイギリスのハダースフィールドにある「キャッスル・ヒル」の切り絵(右)


イギリス人のアーティストが、切り絵の独特なテクニックを極め、普通の紙から驚くほど繊細な作品を作り出している。白鳥、花、そして、あの映画に登場する宇宙船ミレニアム・ファルコンまで…。

北イングランドのヨークシャー州に住むピッパ・ディラガさんは、2010年から作品を作り始め、ネットで人気を集めている。「ひとつひとつの作品は、まず手描きにします。作り上げるのに4~100時間かかります」とピッパさんはハフポストUS版に語った。

切り絵を仕上げるのに、4~100時間かかる。


「かかる時間は、その作品の細部や下調べした内容によって変わります。新作は全部で約60時間かかりました」と彼女はメールで教えてくれた。

「私はまず、紙の裏に鉛筆でイメージを描き出すのですが、それを正確に描くのに少し時間がかかります。1枚の紙だけで切り絵を作るときは、必ず切り離さないようにしています」と彼女は語った。


紙片を切り抜き、小さな斑点のように見えるこれらの紙作品は、窓の前に置いて複雑なデザインを際立たせる精巧なタペストリーのようだ。

彼女のFacebookページでは、こうした繊細な切り絵ができるまでを動画で見ることができる。最初にデザイン(これは白鳥)をスケッチし、それから慎重にナイフで切り抜いていく。完成品はそれを反転させるようだ。

Process video. Thought you all might like to see.

Bear Follows Cat - Pippa Dyrlaga Papercutting Artistさんの投稿 2016年7月12日


ディラガさんは、リーズ・メトロポリタン大学の修士課程で学んでいたとき、偶然この独特の手法に行きついたという。

「影絵を描いていて、それを切り抜くようになりました。これは初めて自分にしっくりきた芸術表現で、たった1枚の紙から何かを作るというシンプルさが気に入りました。現代の切り絵作家の作品を見た後、本当にこれを続けていこうと思い、それからずっとこの手法だけをやってきました」


映画『スター・ウォーズ』に登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」の切り絵(左)。紙の羽と、創作に使用するナイフ(右)。

自身のサイトや複数のSNSには、息を飲むほど素晴らしい作品のコレクションが掲載されているが、気に入っているある1つの作品は、自宅でこっそり保管していると彼女は語った。

「タイトルは秘密にしています。家のリビングに置いています」とディラガさんはその作品について語り、ハフポストUS版に見せてくれた。魅惑的な黒と白のスケッチは、異なる大きさの葉でできた渦のように見える。


この作品が自宅で保管している彼女のお気に入りの作品。これは彼女の「人生のターニングポイント」の時期に製作された。

「この作品を作ったのが、私にとって人生のターニングポイントでした。学校での勉強を終えたばかりで、この先どうしようかと少し途方に暮れていた頃でした」と彼女は語った。

「卒業してから仕事を辞め、何のプランもなくベルリンに飛んだ——。当時は簡単にいうとそんな感じでした。でも、いつもの作品とは違う何かを生み出そうと真剣に挑戦したのは、このときが初めて。この作品を絶対に売ることはありません。これは、別のものに挑戦しようといつも私を駆り立ててくれる作品だからです」

ディラガさんは、切り絵の製作・販売のほか、グリーティングカードやイラストも製作している。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
Leon Keer 3D Street Art
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png