Huffpost Japan

102歳のおばあちゃん、長年の夢を叶えて「逮捕」される

投稿日: 更新:
印刷

アメリカ・ミズーリ州に住むエディー・シムズさんは、102歳にして初めて「人生のやりたいことリスト」の一つ、「手錠をかけられてパトカーに連行される」という夢を叶えた。

しかし、パトカーが向かった先は警察ではなかった。到着したのは、セントルイスにある高齢者センター。警察官たちがシムズさんを出迎え、エスコートする様子が、地元のテレビ局KPLRで報じられ。


警察官に手を差し伸べられるシムズさん(ST LOUIS METROPOLITAN POLICE)

実はシムズさんは、この高齢者センターに入居している人たちのために、これまで何年も手作りグッズを贈ってきた。センターのマイケル・ハワード事務局長は「歩行器につけるバッグや、メガネ入れ、枕、スカーフといった品々を、ボランティアを通してセンターに寄付してくれた」とハフポストUS版に話した。

しかし、センターの入居者たちは一度もシムズさんに直接会ったことがなかった。

ボランティアの1人に警察官の友人がいたことがきっかけで、パトカーでシムズさんをセンターまで連れて行こうという話がまとまった。102歳になるまで一度もパトカーに乗ったことがなかったシムズさんは、それを聞いて大喜び。こう答えたそうだ。

「パトカーに乗せてもらえるなんて、素晴らしいわ。よかったら手錠もかけてくれないかしら?」

願い叶って、手錠もかけてもらえたシムズさん。パトカーの中では堂々とふるまっていたそうだ。ハワードさんはその時のことをこう振り返る。

「外に警察官を見つけると、エディーは両手を上げ、手錠がかかっていることを見せました。本当に素敵な女性です」


警察官とポーズをとるシムズさん(ST LOUIS METROPOLITAN POLICE)

センターで、シムズさんはビンゴを楽しみ、手作りの靴下とスカーフをその場にいる人たちにプレゼントした。感想を聞かれると「パトカーも手錠もとっても楽しかったですよ」と答えた。


セントルイス警察の帽子をかぶるシムズさん(KPLR)

102歳という年齢で、高齢者へギフトを贈り続けるシムズさん。同じ様に人を助けたいと願う人たちにこんなアドバイスをした。

「今やっていることを続けなさい。それが何であろうと止めてはいけません。地域の人たちを助けてあげてください。手を差し伸べ、話をする相手にとって、あなたがその日ただ1人の話し相手だということもありますから」

願い叶って「逮捕」された102歳のシムズさん(英語)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
おじいちゃん・おばあちゃんからの結婚アドバイス
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

画像集が見られない方はこちら