Huffpost Japan

くま川鉄道応援切符が発売中止 18禁ゲーム「まいてつ」キャラに酷似か

投稿日: 更新:
印刷

熊本県のローカル鉄道「くま川鉄道」は、10月8日に発売予定だった特別応援切符の発売を急きょ取りやめた。熊本地震の影響で激減する乗客の緊急対策として企画されたが「成人向けゲームの登場キャラに酷似した少女たちのデザインが使われている」として、人吉市議会で問題視する意見が出ていた。

地元紙「人吉新聞」などによると、特別応援切符は、同鉄道の列車5両をイメージした美少女キャラクターを使った一日フリー乗車券5枚組6000円だった。アプリを読み込んだスマートフォンをかざすとキャラクターと一緒に撮影できるAR(拡張現実)機能を付けていた

人吉市を舞台にしたゲームを発売しているゲーム会社が、ボランティアで製作に協力した。その後、市民からこのゲーム会社の「成人向けゲームのタイトル、キャラクターに酷似」という情報提供があり、9月28日の市議会で本村令斗議員と村上恵一議員が「普通のゲームではなく、青少年健全育成上でも問題。高校生らが利用する鉄道であり、人吉市の責任も問われる」と取り上げた。

西日本新聞によると、くま川鉄道は事前に九州運輸局に相談した際、「問題ない」との回答を受けていたが、「誤解を招く恐れがあり、指摘を真摯に受けとめる」として発売中止を決めたという。

ネット上では、問題の成人向けゲームが2016年3月にLoseから発売された「相まいてつ」ではないかと指摘する声が次いでいる。

maitetsu
18禁ゲーム「まいてつ」のパッケージ

■関連画像集

Close
【コミケ90】コスプレ画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド