Huffpost Japan

「美しすぎる」クリミアの検事総長が下院議員に 制服からスーツ姿へ華麗なる転身

投稿日: 更新:
印刷

natalia poklonskaya

2014年にロシアが一方的に編入したウクライナ南部クリミアの「美しすぎる」検事総長として知られたナタリヤ・ポクロンスカヤ氏(36)が10月5日、ロシア下院に初登院した。新人議員ながら、ポクロンスカヤ氏は下院の資産公開委員長に選出された。RIAノーボスチなどが報じた。

この日、ポクロンスカヤ氏は紺色のスーツ姿で下院に登場。時事ドットコムによると、ポクロンスカヤ氏は政権系テレビの取材に対し「クリミアを編入したプーチン大統領に感謝したい」と述べたという。

9月18日投開票のロシア下院選で、ポクロンスカヤ氏はプーチン政権の与党「統一ロシア」から出馬、当選した。ただ、ロシアは一方的に編入したクリミアで選挙を実施。アメリカやウクライナは「選挙を認めない」と警告していた。ポクロンスカヤ氏はアメリカやEU、日本が発動した制裁で制裁対象に指定されている。

natalia poklonskaya
クリミア半島のシンフェロポリでロシア下院選に投票するナタリア・ポクロンスカヤ氏(2016年9月18日)

■「美しすぎる」検事総長として、日本でも人気に

ポクロンスカヤ氏はクリミアの検事総長だった2014年3月、その端麗な容姿から、ネット上で人気を集めた。日本でも美少女キャラクターとして描かれたが、「私には全く関係ありません。私は仕事の成果で評価されたいし、そうなるように努力したいです」と困惑していた

その一方で、「私の娘はネット上で何が起こっているのかを知っていて『お母さんはヒーローだったんだ』と言っていました」と母親としての顔もみせている

▼画像集が開きます▼

Close
Natalia Poklonskaya
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら