Huffpost Japan

吉田沙保里らメダリストたちのパレードでの交流がTwitterで続々報告される【リオ五輪】

投稿日: 更新:
YOSHIDA
リオデジャネイロ五輪・パラリンピック日本選手団のメダリスト合同パレードで、沿道の人たちに笑顔を見せる(右から)レスリング女子の吉田沙保里、登坂絵莉(東新住建)、体操男子の田中佑典、加藤凌平(ともにコナミスポーツ)=7日、東京都中央区銀座  撮影日:2016年10月07日 | 時事通信社
印刷

リオデジャネイロ・オリンピックとパラリンピックのパレードには、東京・銀座などに80万人(主催者発表)が沿道に詰めかけた。計87人のメダリストたちが、祝福の声に手を振ったり、笑顔で応えたりした。メダリストたちは、それぞれが自身のTwitterでもパレードの様子を報告した。

柔道銅メダルの近藤亜美さんは、パレードの直前、バドミントン女子ダブルス金メダルの松友美佐紀さんと、バドミントン・シングルスで銅メダルを獲得した奥原希望さんと一緒に休憩する様子の写真をTwitterに投稿した。赤いジャケットで身を包んだ3人が、手にグラスやフルーツを持ち、笑顔で写真に収まっている。

近藤亜美さんは8月6日、リオ・オリンピックの柔道女子48キロ級で、日本勢大会第1号となる銅メダルを獲得した。

また、レスリング女子69キロ級で金メダルを獲得した土性沙羅さんは、次のようなツイートをした。


▼画像集が開きます▼

Close
リオのメダリストパレード
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事リオのメダリストが銀座パレード、福原愛、内村航平ら笑顔【画像集】

タモリ「卓球は根暗」発言を反省、日本卓球協会に1000万円寄付していた