Huffpost Japan

瀬戸内寂聴さん「殺したがるばかどもと戦って」と死刑制度批判 日弁連が発言を謝罪

投稿日: 更新:
JAKUCHO
瀬戸内寂聴さん)Kyoto, JAPAN: TO GO WITH STORY: LIFESTYLE-JAPAN-BUDDHISM-LITERATURE by Harumi Hozawa Jakucho Setouchi, an 84-year-old Japanese Buddhist nun and novelist, who won a number of literature awards, speaks to AFP at her residence in Kyoto, western Japan, 10 January 2007. Setouchi, also an anti-war activist and one of Japan's best-known religious figures, told about her life as a woman and as a Buddhism and as her belief in love for love's sake. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Ph | YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
印刷

日本弁護士連合会(日弁連)が10月6日、福井市内で開いた死刑制度に関するシンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言した。産経WESTなどが報じた。

日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭と終盤の2回にわたって流された。

この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」と述べた。
 
「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判 - 産経WESTより 2016/10/07 05:00)

瀬戸内さんのメッセージが流された当時、会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と反発が出た

犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務局長の高橋正人弁護士は、7日に日弁連が同市内で開いた人権擁護大会で「こんな内容のビデオを被害者遺族のいる前で流した常識を疑いたい」と批判。他の弁護士も執行部の責任を問いただした。これを受けて大会実行委員会は「犯罪被害者への配慮がなかったことは、おわび申し上げる」と謝罪した

人権擁護大会では「2020年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案が賛成多数で採択された。日弁連が制度自体の廃止を表明したのは初めて。一方、犯罪被害者や支援する弁護士らは反発している。


▼画像集が開きます▼
Close
2016年、話題の人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。
関連記事瀬戸内寂聴さん、胆のうがん乗り越え「色っぽくなった」