Huffpost Japan

ドナルド・マクドナルドが出演制限 全米に広がる「不気味なピエロ現象」とは

投稿日: 更新:
DONALD
メディアイベントに登場したドナルド・マクドナルド | KEI YOSHIKAWA
印刷

マクドナルドで長年愛されているマスコットキャラクター「ドナルド・マクドナルド」について、米マクドナルドの広報担当者テリー・ヒックイー氏はCNNの取材に対して「登場回数を制限する」との声明を発表した。全米で目撃情報が相次ぎ、イギリスやオーストラリアなどにも飛び火しているとされる「不気味なピエロ」目撃の噂が広がっていることを受けた措置。

AFP通信によると、「不気味なピエロ」とは、全米各地で「ピエロの姿をした人が出没し子供を誘拐しようとした」などの噂が2016年8月以降に相次いでいる現象。

10以上の州で目撃の噂が報告される現象に、専門家からは「ピエロ恐怖症」という集団ヒステリーの一種ではないかという指摘も出ている。しかし、オハイオ州では学校が休校になり、連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出すなど、当局を巻き込んだ騒ぎに発展している。10月末にハロウィンを控え、ネット上でもピエロを目撃したとの噂が急速に拡散した

この現象で巻き添えを食らったのが、同じくピエロの風貌をした「ドナルド」だった。CNNの記者に対して、ヒックイー氏は「ドナルドが全く登場しなくなるというわけではない。しかし、マクドナルドは地域の人々の感情に気を配っている。不気味なピエロの目撃が報告されている多くの地域のコミュニティイベントにドナルドは参加しており、この期間の出演については考慮する必要がある」とEメールで回答している。

アメリカ生まれのドナルドの正式な名前は「ロナルド」。1971年にマクドナルドが日本で開店した当初から日本でも使用されているが、発音が難しかったため日本では、「ドナルド」の表記に変わったという。

▼画像集が開きます▼

Close
マクドナルドで働いていたセレブ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡