Huffpost Japan

ニコール・キッドマンがふり返る、トム・クルーズとの結婚生活 いま母として...

投稿日: 更新:
印刷

nicole kidman
AMIR HUSSEIN VIA GETTY IMAGES

イギリスの「レッド・マガジン」11月号で、ニコール・キッドマンが愛について語ってくれた。表紙を飾った彼女は、トム・クルーズとの最初の結婚について話し出し、2人目の夫であるカントリー歌手、キース・アーバンとの幸せな結婚生活10年を祝う気持ちを教えてくれた。

「年を重ねると、色々と経験し、間違いをすることもあります」とキッドマンは述べたうえで、歌手のアーバンと結婚した最初の3カ月は辛かったとつけ加えた。「2回目の結婚をして、まだ浮ついていましたが、長続きさせたいと思っていました。私たちは常に“夫婦”として考えます。“いつも私たちにとって、これは良いことになるのか?”と言うのです。これはシンプルな言葉ですが、うまくいきます」

また、オスカー女優は「アイズ・ワイド・シャット」で共演し、11年近く結婚生活を送ったトム・クルーズについても語り、2人が結婚したとき「彼は大変若かった」と語った。

「今ふり返ってみると驚きます。テイラー・スウィフトはいくつでしたっけ? 26歳ですよね。27歳の頃に、私には2人の子供がいて、結婚して4年経っていました。でも私はそれを望んでいたんです」


MANAGEMENT ARISTS SYNDICATION RED

クルーズとキッドマンは、イザベラとコナーの2人の子供たちを養子に迎えた。彼女とアーバンの間にも、娘のサンデイ・ローズとフェイス・マーガレットの2人の子供がいる。キッドマンは、母でいることが彼女にとってすごく重要なことだとはっきりと語った。そして、彼女が心から子供たちを愛しているとも。

「母であることは、旅をすることです」と彼女は話す。「育ての親だろうと生みの親だろうと、信じられないほど浮き沈みがあります。子供に必要なのは愛です」

「レッド・マガジン」11月号にはインタビュー全編(英語)が掲載されている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
流産の経験について話し、他の女性を支援する有名人たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)