Huffpost Japan

セーターを着た子猫、ハリケーンを生き延びて新しい家族をみつける(画像)

投稿日: 更新:
印刷

ハイチで800人以上が犠牲になったハリケーン「マシュー」。アメリカでも少なくとも38人が命を失った。このハリケーンに巻き込まれたものの、幸運にも命を救われた子猫の写真が話題になっている。

子猫は、アメリカ・ノースカロライナ州の州都ローリーで拾われた。そしてソックスで作った可愛らしいセーターを着せてもらった。


(SARAHFU)

その後、動物病院に持ち込まれた後、受け入れてくれる家族を探すために、ペットショップに連れてこられた。 

このペットショップを訪れたTwitterユーザー名「サラ」さんが、セーターを着た子猫を見て、あまりの可愛さに思わず写真を撮ってTwitterに投稿した。

「ペットショップに立ち寄ったら、ハリケーンの最中に拾われた子猫が小さなセーターを着ていた」

Twitterでは現在までに13万人以上がいいね!し、7万回以上リツイートされている。

「私もボランティアをしていますが、助けを必要としている猫はどこにでもいますね」

「世界中で、こういうことをした方がいい」

「この猫、世界一可愛い」


動物病院のスタッフの手に乗る子猫(SARAHFU)

「この子猫と同じように、ハリケーンで住むところを失った猫たちがたくさん保護施設にいるはずです」と、サラさんはハフポストUS版に話した。


(SARAHFU)

サラさんによると、この後父親と2人の子供たちがペットショップにやってきた。子供たちはセーターを着た子猫を見て一目で恋に落ち、子猫を引き取ると決めた。

サラさんが投稿した子猫の写真が広がっているのを知った家族は、新しい家で暮らす子猫の様子を投稿した。どうやら、新しい家族のもとでも、セーターは手放せないようだ。

「我が家の家族になりました。かわいいでしょう?」

安心して眠る姿を見ると、幸せな気持ちになる。ハリケーンで住む場所を失った他の動物たちにも、早く安心して寝られる場所がみつかりますように。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
スヤスヤ眠る子猫たち 
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】画像集が表示されない場合は→こちら