Huffpost Japan

72カ国の国旗でできた美しいドレスは、"LGBTの命"を伝えるメッセージ

投稿日: 更新:
印刷

LGBTコミュニティが現在直面する“命を脅かす問題”について啓発するため、72カ国の国旗から1つのドレスが作られた。

このドレスは、世界中で同性愛が禁じられている72の国の国旗で作られている。さらにこの内の12の国では、同性愛者は死刑にされる可能性もあるのだ。

今回、オランダのデザイナーのマティス・ヴァン・ベルゲン氏とアーティストのオエリ・ヴァン・ウォエツィキ氏が共同で、アムステルダムで開催されたユーロプライドでこの政治的なメッセージ性の強いドレスを発表。そのドレスが美しい写真として撮影された。

「この大きなドレスを着ているのは、私です」と、モデルのバレンティン・デ・ハイフ氏がInstagramに投稿した。


「同性愛者に対する規制が撤廃された国の国旗は、レインボーフラッグに変わっていくことになっています。このドレスがすぐにでも、全てレインボーフラッグのパッチワークのドレスになることを祈りましょう!」

オランダ出身の写真家で映画監督のピーテル・ヘンケット氏は、ユーロプライドが終わった後に、このドレスの写真に関する力強いメッセージをInstagramにコメントした。

「世界で最も美しい絵、アムステルダム国立美術館に展示されているレンブラントの『夜警』の前で写真を撮るよりも、美しい写真を撮ることができました」

「みなさんにハッピープライド!愛がありますように!」

ハフポストUK版に掲載されたものを翻訳・編集しました。

▼画像集が開きます▼

Close
あまり知られていない12の性的指向
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)