Huffpost Japan

小田急ロマンスカー、10年ぶりの新型「70000形」 2018年3月運行へ(画像)

投稿日: 更新:
ODAKYU
小田急電鉄
印刷

小田急電鉄は10月20日、特急ロマンスカーの新型車「70000形」を2018年3月から運行すると発表した。

odakyu

先頭と最後尾の車両に展望席を設け、全車両の窓も高さ1メートルと大きめにして、景色を楽しめるようにしている。新宿と箱根湯本を結ぶ観光用だけでなく、朝・夜に運行する通勤用としても使う予定だ。

(c)小田急電鉄

増加する訪日外国人旅行者を受けて、スーツケースなどの大型荷物が収納できるスペースや無線LAN環境を整備する。また、授乳時や体調不良時の休憩に使える多目的室などを設けるという。LED照明の採用など省エネルギー化、全密閉式モーターによる低騒音化など、環境面にも配慮する。

(c)小田急電鉄

製造会社は日本車輌製造。デザイン設計は、「VSE」やポンピドゥーセンター(フランス・パリ)などを手がけた、岡部憲明氏の岡部憲明アーキテクチャーネットワークが担当する。

7両編成で、400人が乗車できる。約40億円を投じて2編成を製造する。ロマンスカーの新型車は、2008年に投入され、東京メトロ千代田線に乗り入れている「60000形」以来、10年ぶりとなる。

▼画像集が開きます▼

Close
エヴァ新幹線
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)