Huffpost Japan

シリア内戦で包囲されたアレッポの子供たちが、アメリカ大統領選の候補者に伝えたいこと(動画)

投稿日: 更新:
印刷

シリア内戦の激戦地になっている北部の都市・アレッポの子供たちは、アメリカ大統領選の2人の候補に聞いてみたいことがある。候補者のうち1人が2016年1月に、50万人近くの犠牲者を出しているシリアで、大虐殺を止めるアメリカの役割に責任を負う立場となるのだ。

「いつバッシャールを止めに来てくれるのですか?」ひとりの子供は、自国民に対して戦争犯罪を犯しているシリア大統領バッシャール・アサドのことを尋ねた。「だって、バッシャールは私たちを攻撃し、子供たちを殺し、封鎖しているから」

「飛行機が来て、私たちを攻撃しています。何をすればいいの? どうすればいいの?」 別の子供が言う。

ハフポストUS版は、アレッポを拠点とするフリージャーナリストとともに、子供たちにカメラの前でこの質問に答えてもらった。

「もしアメリカ大統領に一つ質問できるとしたら、何を質問しますか?」

子供たちは何も指示されておらず、撮影は日中だけ実施された。安全に外出できるのはその時間帯だったからだ。子供たちはまっすぐカメラを見つめ、自分たちの置かれた苦境が差し迫った課題だと訴えた。ほとんど全員が、自分たちがいつ助けてもらえるのかを知りたがっていた。

「私のお願いは、飛行機を止めて、攻撃を止めて、包囲を解いてほしいということです」。

まるでサーカスのようにアメリカで繰り広げられている大統領選のため、5年にわたって血みどろの内戦が続くシリアでの人道的危機は、大きく注目度が下がっている。しかし、子供たちの質問には、答えるだけの価値がある。

アレッポの子供たちは、悪夢のような現実に閉じ込められている。子供たちが体験する苦しみを表現する言葉など見当たらない。――国連児童基金(UNICEF)事務次長 ジャスティン・フォーサイス

「数十万人の子供たちが、アレッポにある24平方マイルの反政府勢力の支配地域
閉じ込められている」。「国境なき医師団」のシスコ・ヴィラロンガ(Xisco Villalonga)運営部長は語った。この25日間のうちに、少なくともこの区域の130人の子供たちが、シリア政府とロシア軍の空爆で犠牲になったことを、「セーブ・ザ・チルドレン」と「シリア人権監視団」が伝えている。

「アレッポの子供たちは、悪夢のような現実に閉じ込められています」と語るのはユニセフ事務次長ジャスティン・フォーサイスだ。「子供たちが体験する苦しみを表現する言葉など見当たりません」。

安全な飲料水は手に入らなくなっている。食物や医薬品も底をつきはじめている。手術や輸血を行う重要な供給品がなければ、医療従事者は子供たちを病院の床の上で見殺しにするしかなくなると報じられている。アレッポ東部で25万人に対応する医師はわずか30人だ。

地下シェルターは、かつては子供たちの学校にも使うことができた避難所だったが、今では安全ではなくなった。それはロシアがバンカーバスター(地中貫通爆弾)を導入したためだ。

「今、目にする子供たちと言えば、がれきの中から運び出されるところか、病院の床で治療を受けているかで、学校の机に向かっている姿よりはるかに多い数になっています」とセーブ・ザ・チルドレンのニック・フィニーは語った。

ロシアが8時間の一時停戦を10月20日に発表した。アメリカ国務長官ジョン・ケリーは、アレッポの空爆を戦争犯罪として調査するよう求めているが、空爆が止む保証はない。反シリア政府軍がアレッポ東部に集まり、地上戦に備えているという報道もある。

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
包囲されるアレッポ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
関連記事
笑顔あふれる人々、歴史的な町並み。シリア内戦で失われた古都アレッポの情景(画像集)


シリア・アレッポの「救急車の少年」を「悲劇のポルノ」にしてはならない