Huffpost Japan

堺雅人「本当に楽しい船旅でした」『真田丸』撮影終了

投稿日: 更新:
MASATO SAKAI
NHK大河ドラマ「真田丸」第1回の試写会で記者の質問に答える真田信繁(通称・幸村)役の堺雅人さん=14日、東京都渋谷区のNHK放送センター 撮影日:2015年12月14日 | 時事通信社
印刷

oricon style

【真田丸】撮影終了 堺雅人「本当に楽しい船旅でした」

NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)のすべての撮影がきのう27日に終了していたことがわかった。昨年9月1日に長野県でクランクインして以来、約1年2ヶ月にわたった撮影をやり遂げ、主演の堺雅人は「本当に楽しい船旅を過ごすことができました」と感無量な様子だった。

現代においても、戦国時代屈指の人気を誇る真田幸村の生涯を描く本作。堺は「“真田丸”が一そうの船をイメージしていると最初に聞いたとき、本当に船旅に出るようなつもりでこの撮影を楽しもうと思いました」と回想。「真田家が乗組員ならば、共演者の方々が我々を温かく迎えてくれる港、スタッフの皆さんが乗せてくれる船でした。乗り心地が決していいとは言えませんでしたし、どこに連れて行かれるかわかりませんでしたが、誰も見たことのない景色をたくさん見せてもらいました」とコメント。

脚本を手掛けた三谷幸喜氏に対して「この旅のプランを作ってくれたのが三谷さんでした。 風まかせ、潮まかせで動いてきた私に、1年2ヶ月という長い旅でしか見えない景色を見せてくれた」と感謝し、「本当に楽しい船旅を過ごすことができました」と話していた。

同ドラマは、12月18日の第50回まで放送される。

【関連記事】