Huffpost Japan

欅坂46「ナチス風衣装」でユダヤ人団体が抗議 秋元康氏とソニーミュージックに謝罪要求

投稿日: 更新:
印刷

人気アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」のライブ衣装がナチス・ドイツの制服に酷似しているとして、アメリカのユダヤ人団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が10月31日、同グループが所属するレコード会社とプロデューサーに対して謝罪を要求した

keyakizaka46
ハロウィーンの衣装を着た欅坂46のメンバー(公式ブログより)

同センターのエイブラハム・クーパー副所長は、「欅坂46」の秋元康プロデューサーと、所属レコード会社のソニーミュージックを名指しした上で、「不適切で非常に攻撃的な演出」と非難。「十代の少女が観客を前にナチス風の衣装でステージで踊ることは、強い苦悩をナチスの大虐殺の被害者に与えます」と訴えた。その上で次のように指摘した。

「アイドルグループがユダヤ人を傷つける意図がなかったにしても、ナチスの被害者の記憶を軽んじるパフォーマンスであり、ネオナチが勢いを増すドイツを初めとする世界各国の若者に間違ったメッセージを発するものです。私たちはソニーのような国際的なブランドが困惑をもたらしたことに対して、日本が改善することを期待します」

11月22日から沖縄県浦添市で同センターなどが主催する「勇気の証言—ホロコースト展」が開催される。ソニーミュージックの担当者と、秋元氏、「欅坂46」のメンバーに対して、この展示を訪問するように促している


■ナチス風の衣装とは?

欅坂46は10月22日、横浜アリーナでハロウィーンに合わせたライブイベントに出演。その際、ナチス・ドイツでも使われたクロワシに似た紋章を付けた黒い帽子、幅広い襟の黒のマントで登場した。グループのメンバーのブログにもその服を着た写真が投稿された。デイリー・ミラーなどが報じるなど海外メディアが問題視していた

【UPDATE】欅坂46は公式サイトで、秋元康プロデューサーらの声明を掲載した。秋元氏は「ニュースで知りました。ありえない衣装でした」とした上で、「スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っています」と謝罪した。当該の衣装に関しては、今後一切着用しないことになったという。(2016/11/01 20:55)


■関連画像集

Close
欅坂46
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)