Huffpost Japan

押切もえ、涌井秀章投手と結婚 始球式で距離を縮める【コメント全文】

投稿日: 更新:
印刷

oshikiriwakui
押切もえさんと涌井秀章投手(右)

モデルの押切もえ(36)さんがプロ野球・千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手(30)と11月1日、結婚した。押切さんは「二人で温かい家庭を築いていきたい」、涌井投手は「彼女は一緒に歩んでいきたい大事な存在」とそれぞれコメントを発表した。押切さんは妊娠はしておらず、結婚後も仕事は続けるという。産経ニュースなどが報じた。

2人は2013年の冬に知人の紹介で知り合った。しばらくの間は友人関係が続いたが、押切さんが2014年8月の西武戦で始球式を務めた際、涌井が投げ方を指導。同じ千葉出身ということもあって距離を縮めたという。

oshikirisikyuusiki
2014年8月8日、ロッテ—西武戦の始球式で投げる押切もえさん

テレビ朝日などによると2人のコメントは以下の通り。


■押切もえさん、コメント全文

皆様に置かれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。私事で恐縮ではございますが、この度、私、押切もえは涌井秀章さんと本日入籍しましたことをご報告させていただきます。

思いやりがあって優しく、また、不器用な私を深く理解して励ましてくれる秀章さんとおつきあいするうちに、自分でも少しでも彼の支えになりたいと願うようになり、結婚の運びとなりました。

これからは二人であたたかい家庭を築いてきたいと思っております。

日頃から皆様の応援やお支えに深く感謝を申し上げるとともに、今後も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


■涌井秀章投手、コメント全文

この度、モデルの押切もえさんと入籍させていただきました。まずはこれまで私たち2人を温かく見守っていただき、支えてくださいました皆様に深く感謝申し上げます。

彼女は常に自分の事を考えてくれ、栄養管理面でのサポートをしてもらっています。また、どんな時でも笑顔で送り出してくれ、迎えてくれます。彼女と出会えたことにより、新しい涌井秀章という人間に生まれ変われたと思っています。

この先の人生において、私には彼女の力が必要で、一緒に歩んでいきたい大事な存在です。今後は2人で温かい家庭を作っていきたいと思っています。これからも応援宜しくお願いします。


【始球式スライドショー】

Close
始球式 マウンドに咲いた美
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。